テペ・シアルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯33度58分08秒 東経51度24分17秒 / 北緯33.968915度 東経51.404738度 / 33.968915; 51.404738 (Sialk)

Tepe Sialk
Tepe Sialkの位置(イラン内)
Tepe Sialk
Tepe Sialk
イラン国内における位置
座標: 北緯33度58分08秒 東経51度24分17秒 / 北緯33.96889度 東経51.40472度 / 33.96889; 51.40472

テペ・シアルクペルシア語: تپه سیلک‎、: Tepe Sialkn)は、イラン中央部のエスファハーン州カーシャーン市の郊外に存在する大規模な遺跡である。近くにはフィン庭園がある。「テペ」はペルシア語で「丘」または「塚」を意味する。このエリアに存在した文化は、ザーヤンデ川文化英語版との関係が認められている[1]

歴史[編集]

シアルクのジッグラトは、紀元前3000年頃に建造された。イラン文化遺産団体英語版ルーヴル美術館フランス・イラン研究所英語版の共同研究により、シアルク最古の集落は紀元前5500–6000年まで遡ることが確認されている。

当時シアルク(およびその周辺の地域全体)が発展したのは、近くに清潔で豊富な水源が存在していたことが原因だったと考えられている。「ソロモンの泉」と呼ばれる水源は、周囲の山々からもたらされる水を、現在に至るまで数千年にわたりこの地域に供給し続けている。17世紀に現在の形態になったフィン庭園は、この地域で人気のある観光スポットである。サファヴィー朝の王たちが首都を離れ休暇を過ごすために滞在していたのも、この地域だった。第2代正統カリフウマル・イブン・ハッターブを暗殺したアブー・ルウルウ英語版が葬られているのもこの地域である。

考古学的調査[編集]

テペ・シアルクは、ロマン・ギルシュマン英語版によって1933年1934年1937年の計3シーズンにわたり発掘された[2][3]。この遺跡に関する研究は、D・E・マカウン(D.E. McCown)、Y・マジザデ(Y. Majidzadeh)、P・アミエ(P. Amieh)の3人の指揮で行われた[4][5]

1999年から2004年にかけての数シーズンには、ペンシルベニア大学イラン文化遺産団体英語版のメンバーから成る「シアルク再考プロジェクト」(Sialk Reconsideration Project)と名付けられたチームによって、再び発掘が実施された[6][7][8][9]

最初の発掘で出土した遺物のほとんどは最終的にルーヴル美術館に収蔵され、一部は大英博物館、ニューヨークのメトロポリタン美術館、およびイラン国立博物館英語版に収蔵された。また、一部は個人のコレクターの手に渡った。

これらの遺物は、非常に精巧ないくつかの絵付き陶器類から成る[10]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cultural Heritage Organization of Iran (CHN) report: "Zayandeh Rood Civilization Linked to Marvdasht and Sialk". Accessed January 30, 2007. Link: Chnpress.com
  2. ^ Roman Ghirshman, Fouilles de Sialk près de Kashan, 1933, 1934, 1937, vol. 1, Paul Geuthner, 1938
  3. ^ Ghirshman, Fouilles de Sialk, vol. 2, Paul Geuthner, 1939
  4. ^ D. E. McCown, The Comparative Stratigraphy of Early Iran, Studies in Ancient Oriental Civilization no. 23, Oriental Institute of Chicago, 1942
  5. ^ Yousef Majidzadeh, Correction of the Internal Chronology for the Sialk III Period on the Basis of the Pottery Sequence at Tepe Ghabristan, Iran, vol. 16, pp. 93-101, 1978
  6. ^ S.M. Shahmirzadi, The Ziggurat of Sialk, Sialk Reconsideration Project Report No. 1, Archaeological Research Center. Iranian Cultural Heritage Organization, 2002, (Persian)
  7. ^ S.M. Shahmirzadi, The Silversmiths of Sialk, Sialk Reconsideration Project Report No. 2, Archaeological Research Center. Iranian Cultural Heritage Organization, 2003, (Persian)
  8. ^ S.M. Shahmirzadi, The Potters of Sialk, Sialk Reconsideration Project Report No. 3, Archaeological Research Center. Iranian Cultural Heritage Organization, 2004, (Persian)
  9. ^ S.M. Shahmirzadi, The Smelters of Sialk, Sialk Reconsideration Project Report No. 4, Archaeological Research Center. Iranian Cultural Heritage Organization, 2005, (Persian)
  10. ^ Langer, William L., ed (1972). An Encyclopedia of World History (5th ed.). Boston, MA: Houghton Mifflin Company. pp. 17. ISBN 0-395-13592-3. 

参考文献[編集]

  • Les recherches archéologiques françaises en Iran. November 2001, Téhéran. Institut Français de Recherche en Iran, Musée du Louvre, ICHO.
  • Yousef Majidzadeh, Sialk III and the Pottery Sequence at Tepe Ghabristan: The Coherence of the Cultures of the Central Iranian Plateau, Iran, vol. 19, 1981