テヘラン路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テヘラン路
Teheranno1.jpg
各種表記
ハングル 테헤란로
漢字 테헤란路
発音 テヘランノ
ローマ字転写: Teheranno
テンプレートを表示
テヘラン路の石碑

テヘラン路(-ろ、테헤란로)は大韓民国ソウル特別市江南区を東西に走る長さ3.7km、幅40mの道路。「江南」の中心部に位置し、ソウルメトロ2号線江南駅付近から三成駅付近までを結ぶ。韓国におけるビジネス・金融の中心の一つである。また、警察署の管轄の境界線にもなっている。(北側はソウル江南警察署、南側はソウル水西警察署

テヘラン路の名称はイランの首都テヘランにちなむものである。1970年代は韓国の建設業社の中東進出が活発であったが、1977年6月、イランのゴラムレザ・ニクパイ(Gholamreza Nikpey)テヘラン市長がソウルを訪問した際、友好の印とするためソウルとテヘランの地名を冠した通りを1つずつ作ることになリ、ソウルでは旧・三陵路(サムヌンノ)をテヘラン路と改称した。テヘランにはソウル通り(خیابان سئول)がある。

1990年代後半からはIT系ベンチャー企業が集まるようになり、シリコンバレーになぞらえて「テヘランバレー」「ベンチャーバレー」と呼ばれた。

施設[編集]