テノホビル・アラフェナミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tenofovir alafenamide structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 ベムリディ, Genvoya (with elvitegravir, cobicistat and emtricitabine)
Odefsey (with emtricitabine and rilpivirine)
Descovy (with emtricitabine)
法的規制
  • JP: 処方箋医薬品
  • (Prescription only)
投与方法 経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 ~80%[1]
半減期 0.51 時間
排泄 便中 (31.7%), 尿中 (<1%)
識別
CAS番号
379270-37-8
ATCコード J05AF13 (WHO) Combination codes: J05AR17 (WHO) J05AR18 (WHO) J05AR19 (WHO)
PubChem CID: 9574768
DrugBank DB09299
ChemSpider 7849225
UNII EL9943AG5J チェック
KEGG D10428
ChEBI CHEBI:90926 チェック
ChEMBL CHEMBL2107825
化学的データ
化学式 C21H29N6O5P
分子量 476.466 g/mol
テンプレートを表示
テノホビル・アラフェナミドはフマル酸塩として製剤化されている。

テノホビル・アラフェナミド: Tenofovir alafenamide、INN/USAN、GS-7340)は、核酸逆転写酵素阻害剤であり、テノホビルプロドラッグである。

概要[編集]

ギリアド・サイエンシズHIV 感染と慢性B型肝炎の治療のためにテノホビル・アラフェナミド・フマル酸塩(TAF)として開発した。日本でのB型肝炎治療薬の製品名は「ベムリディ」(ギリアド・サイエンシズ製造販売)。先に開発されたテノホビル・ジソプロキシル・フマル酸塩(TDF)と近縁物質である。TAFは他の薬剤に比べリンパ組織への移行性が良く、高い抗ウイルス活性を持つ。[2][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ GENVOYA (elvitegravir, cobicistat, emtricitabine, and tenofovir alafenamide) Tablets, for Oral Use. Full Prescribing Information (PDF)”. Gilead Sciences, Inc. Foster City, CA 94404. 2015年11月24日閲覧。
  2. ^ Eisenberg, E. J. (2001). “Metabolism of Gs-7340, A Novel Phenyl Monophosphoramidate Intracellular Prodrug of Pmpa, in Blood”. Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids 20 (4–7): 1091–1098. doi:10.1081/NCN-100002496. PMID 11562963. 
  3. ^ M Markowitz, A Zolopa, et al.[出典無効]