テトペッテンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのうた
テトペッテンソン
歌手 井上順
作詞者 佐藤雅彦
作曲者 アンリ・デス
編曲者 栗原正己
映像 アニメーション
映像制作者 佐藤雅彦(映像総監督)
中村至男(デザイン)
松本空(アニメーション)
初放送月 2002年10月 - 11月
再放送月 2003年6月 - 7月
2005年6月 - 7月(ラジオのみ)
2009年2月 - 3月
2013年6月 - 7月
2017年2月25日・3月25日(リクエスト
テンプレートを表示

テトペッテンソン」は、フランスのアンリ・デス作曲の「ル・ボー・タンブール」(Le beau tambour)を原曲とする日本。作詞:佐藤雅彦、編曲:栗原正己、歌:井上順。2002年10月から同年11月までNHKの歌番組『みんなのうた』で放送。

概要[編集]

『みんなのうた』の放送映像では、歌に合わせて四角柱のようなブロックが移動するアニメーションが流れる。映像総監督は作詞者である佐藤雅彦自身が、デザインは中村至男が、アニメーションは松本空が担当した。また、デザインとアニメーションはイントロではなく、曲の最後に表示される。

歌詞に言語としての意味はなく、「テトペッテンソン テトペッテンソン テトペッテンソンタントン……」と、同じような言葉が続いていく。1・3・6番の歌い出しは「テトペッテンソン」、2・5番は「パラトゥッタッティ」、4番は「ケメロッテンソン」という詞から始まる。なお、4番は井上ではなく児童コーラスにより歌われ、6番では井上とコーラスの双方が重なる。当番組の歌詞テロップがカタカナだけなのは1983年の『エガオトッテケ!!』以来19年ぶりである。

2003年6月から同年7月までテレビ・ラジオ双方で、2005年6月から同年7月までラジオで再放送された。2009年2月から同年3月には再びテレビ・ラジオで再放送され、2013年6月から同年7月にもテレビ・ラジオで再放送された。2017年2月25日と同年3月25日には『みんなのうたリクエスト』で再放送された。なお、2005年以降、4年ごとに再放送する。

NHKテキスト「みんなのうた 2017年2・3月号」において元みんなのうたエグゼクティブ・プロデューサーである川崎龍彦は本曲が佐藤雅彦の持ち込み企画であったことを述べ、佐藤雅彦がフランスからの帰途、飛行機の機内放送で流れたフランス語の童謡(「ル・ボー・タンブール」と明記されてはいない)を聴くうちに曲の歌詞が浮かんできたということを語っている。

2003年7月24日にavexより本曲のマキシシングルが発売され、TV放送版の音源に加え、冒頭にカウントが入ったバージョン、コーラスあり・なしのカラオケ版の3曲が収録された。また映像は2003年9月5日にavexより発売されたDVD「みんなのうた 映像集」、2011年4月22日にNHKエンタープライズより発売されたDVD「NHK みんなのうた 第12集」で見ることができる。

アニメーション[編集]

  • 1番:縦長の直方体が上下左右に移動する。
  • 2番:4枚の薄い直方体が組み合わさって回転する。
  • 3番:8枚の薄い直方体がスライドして組み合わさる。
  • 4番:多数の黄色い小さな直方体が移動する。
  • 5番:赤い直方体の箱から黄色い直方体が出てきた後、白い12個の立方体が中に入る。
  • 6番:1 - 5番で登場したブロックなどがすべて行進する。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]