テディ・タムゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テディ・タムゴー Portal:陸上競技
Teddy Tamgho Doha 2010.jpg
選手情報
ラテン文字 Teddy Tamgho
国籍 フランスの旗 フランス
種目 三段跳, 走幅跳
所属 Dynamic Aulnay Club (2004-2007)
CA Montreuil 93 (2008 - )
生年月日 (1989-06-15) 1989年6月15日(29歳)
出身地 フランス, パリ
身長 187cm
体重 82kg
コーチ担当者 イバン・ペドロソ (2010 - )
自己ベスト
三段跳 屋外 18m04 フランス記録
室内 17m92 世界記録
 
獲得メダル
男子 陸上競技
フランスの旗 フランス
世界選手権
2013 モスクワ 三段跳
世界室内選手権
2010 ドーハ 三段跳
ヨーロッパ選手権
2010 バルセロナ 三段跳
ヨーロッパ室内選手権
2011 パリ 三段跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

テディ・タムゴー(Teddy Tamgho、1989年6月15日 - )はフランス陸上競技選手、2013年世界選手権男子三段跳金メダリスト。男子三段跳室内世界記録保持者。

国際大会は2008年世界ジュニア選手権男子三段跳で初優勝、翌2009年には世界選手権に初出場し決勝進出の結果を残した。2010年3月、世界室内選手権で17m90の室内世界新記録を樹立。同年に開始したIAAFダイヤモンドリーグの男子三段跳年間王者に輝く。同年のヨーロッパ選手権は3位に入り銅メダルを獲得。2011年の世界選手権、2012年のロンドンオリンピックは足首の怪我のために出場できなかった[1]。2013年8月、世界選手権決勝で18m04をマークして優勝、史上3人目の18メートルジャンパーとなる[2]

経歴[編集]

幼少期から2009年にかけて[編集]

タムゴーはフランスパリで生まれた。カメルーンバミレケ族英語版にルーツを持つ[3]スヴランコミューンで成長した子供の頃陸上競技に興味を持った。13歳からディナミク・オーナイ・クリュブ (Dynamic Aulnay Club) の選手として三段跳の競技会に出場し始めた[4]。2007年のヨーロッパジュニア選手権で初めて選手権大会に出場したが、自己ベストの16m35を記録したものの4位となり表彰台を逃した[5]

翌2008年、1月にタムゴーは初めてジュニアフランス記録を樹立。2月のフランス室内選手権ではヴォルケル・マイユ英語版に次ぐジュニア世界歴代2位の16m94をマークした。タムゴーは、「助走のスピードが自分の長所であり、自らの成功の要因はコーチのジャン=エルベ・スティーヴナールおよびチームメイトのカール・タイユピエール英語版バンジャマン・コンパオレ英語版との練習の成果だ。」と述べた[6]

2009年ミーティングアレヴァでコーチと話を交わすタムゴー

屋外シーズンに入り、タムゴーは7月の世界ジュニア選手権に出場し、北京オリンピックのフランス代表入りに必要な標準記録17m13のクリアと優勝を狙った。17m33の記録で優勝し金メダル獲得は達成したが、優勝記録は風速2.1m/sの追い風参考記録であったため、フランス代表入りのためには公認される風速下での記録が必要な状況が続いた[7][8]。タムゴーは7月のフランス選手権で調子を合わすことはできず、優勝記録から遠く及ばない16m79の記録で4位に終わった[9]。タムゴーはオリンピック代表入りを逃し、フランスからはコロムバ・フォファナ英語版だけが同種目に出場した。

スティーヴナールとローランス・ビリー英語版の下で練習をはじめ、2月にモンドヴィル (カルヴァドス県)英語版で行われた室内競技会で過去の自己ベストを3回連続上回った後17m37の自己新記録で決着を付けるなど、タムゴーは著しい成長を遂げて2009年室内シーズンのスタートを切った[10]。同月に行われたミーティングセアト (Meeting SEAT) では、フランス新記録には1cm及ばないものの、23歳以下世界最高記録となる17m58まで自己ベストを伸ばした[11]。フランス室内選手権は17m44の記録で優勝、タムゴーは初めて国内タイトルを獲得した。しかしタムゴーはケガを抱えながら大会に出場しており、ヨーロッパ室内選手権に向けて状態を立て直すために2週間を要した[12]。3月のヨーロッパ室内選手権は1回目の試技が16mに届かず、後の2回はファウルに終わった。タムゴーは最有力候補の1人にもかかわらず、予選で姿を消した[13][14]

屋外シーズンに入り、7月にパリで行われたミーティングアレヴァでオリンピック銀メダリストのフィリップス・イドウと対戦した。イドウは17m17をマークして優勝、タムゴーは調整不足であり16m97の記録で5位だった[15]。7月末、タムゴーはフランス選手権で世界選手権の参加標準記録Aを突破する17m11をマークして初優勝を飾り、フランス男子三段跳選手トップの地位を固めた[16]。8月、ベルリンで開かれた世界選手権は予選で17m11をマークし決勝進出を果たす[17]。しかし、決勝は唯一成功した跳躍の記録が16m79で4回目以降の試技に進むことができず11位となった[18]

世界新記録樹立・世界選手権優勝[編集]

2010年3月ドーハで開かれた世界室内選手権で世界新記録を樹立、喜びを表す
2010年8月ヨーロッパ選手権にて

2010年、2月のフランス室内選手権でコロムバ・フォファナに次ぐ2位となった後、タムゴーは世界へ目を向けた[19]。3月の世界室内選手権に出場、決勝で1回目に17m41をマークして早々とリードを奪った。しかし、ヨンドゥリ・ベンタンゾス英語版が1回目に自己ベストとなる17m69を記録し、タムゴーを驚かせる。タムゴーはもっと短い記録でも優勝するには十分だと思っていたが、ベンタンゾスの跳躍の後に「やり直して全力を尽くさなければならない」と言った[20]。2回ファウルと17m超えのジャンプを2回続けたが逆転はならず、勝利のチャンスは後1回しか残っていなかった。タムゴーは最終6回目の試技で、アリーセル・ウルティア英語版クリスチャン・オルソンが持つ室内世界記録を7cm上回る17m90をマークし優勝した[21]。タムゴーは「昨シーズンは不完全だった。しかし仲間のジャデル・グレゴリオ英語版フィリップス・イドウから「もっと落ち着いて競技するように」とアドバイスを受けて、今はより強く成長し大人になったと思う。」と話した[22]

タムゴーの好調は屋外シーズンに入っても続き、5月のフランスクラブ選手権ではシーズン世界最高およびフランス新記録となる17m63をマークするなど5回連続17m超えを記録した[23]。6月、タムゴーはニューヨークで行われるアディダスグランプリに出場した[24]。この年に開始したIAAFダイヤモンドリーグへの初めての出場であった。タムゴーは3回目に17m61をマーク、5回目にそれまでの自己ベストを1cm更新する17m84を記録してリードを奪った[25]。勝利はもう確実な状況だったが最終6回目の跳躍でジョナサン・エドワーズケニー・ハリソンに次ぐ世界歴代3位となる17m98をマークした[26]。7月のフランス選手権は前年に続いて連覇を達成したが、右ふくらはぎの痙攣に耐えなければならなかった[27]。タムゴーはパリで行われるミーティングアレヴァへの出場を取りやめ、ヨーロッパ選手権に向けた練習でも満足に跳躍を行えなかった[27]。7月29日に出場したヨーロッパ選手権決勝では17m45を何とかクリアして3位に入り、同大会で初めてメダルを獲得した。タムゴーは8月6日のDNガラン、8月27日の最終戦メモリアルヴァンダムで優勝を飾り、ダイヤモンドリーグ男子三段跳の初代年間王者に輝いた。このシーズンの終わりにコーチの変更を発表し、新たなコーチとして世界選手権で4回優勝経験があるイバン・ペドロソの指導を受けることになった[28]。この年タムゴーは、ヨーロッパ陸上競技連盟から最優秀新人選手賞 (European Athletics Rising Star of the Year) の表彰を受けた[29]

2011年、タムゴーは2月のフランス室内選手権で17m91をマークして自身が持つ室内世界記録を1cm更新、好調なスタートを切った[30]。3月のヨーロッパ室内選手権で17m92をマークして記録をさらに1cm更新、地元パリの観衆の前で世界記録更新と金メダル獲得を果たした[31]。7月、アスレティッシマでシーズン世界最高記録の17m91をマークして優勝した[32]。その後オストラヴァで開かれるヨーロッパU-23選手権のウォーミングアップ中に足首を骨折し、世界選手権などその後に行われた大会に出場できなかった[33]。11月、タムゴーはフランス陸上競技連盟から6ヶ月の出場停止処分を受けた[2]。10月に南フランスのトレーニングキャンプでフランス人女性陸上選手と口論に及んだことが理由であった[34]。1500ユーロの罰金が科せられ、50時間の社会奉仕が命じられた。処分と同時に2012年8月のロンドンオリンピックは出場可能とも発表された。オリンピックは右足首手術後のために参加しなかった[35]

2013年、タムゴーは3月に復帰し[36]、6月のミーティング・ドゥ・モントルイユで17m01を記録した[37]。6月30日に出場したダイヤモンドリーグバーミンガムグランプリは17m47を記録してクリスチャン・テイラーに次ぐ2位に入った。7月4日のアスレティッシマペドロ・ピチャルドに敗れたものの17m40をマークした[38]。7月13日、フランス選手権は17m49の記録で2年ぶり3回目の優勝を飾った[39]

8月、タムゴーはモスクワで開かれた世界選手権に出場した。16日の予選を17m41の記録で通過。18日に行われた決勝でタムゴーは1回目に17m65を成功して首位に立つ。しかしペドロ・ピチャルドが2回目に17m68をマークし逆転されてしまう。4回目に17m68を成功したものの、タムゴーはわずかに踏み切りが合わず5回目までに3回ファウルを犯して後が無かった[36][40]。しかしその3回のファウルはいずれも18m超えを予感させるに十分なジャンプだった[2][36]。フランスは金メダルの有力候補であるルノー・ラビレニが2位に敗れ、タムゴーは金メダルの最後の希望を一身に背負って重圧を感じていたが[36]、最終6回目で18m04をマークし逆転に成功した。タムゴーは、エドワーズ、ハリソンに次ぐ3人目の18mジャンパーとなった[2]。ピチャルドの最終跳躍も再逆転はならず、タムゴーはこの大会でフランス代表唯一となる金メダルを獲得、表彰式でラ・マルセイエーズを歌った[36]

タムゴーは2014年6月に3度にわたってドーピング検査を受けなかったとして、フランス陸連から1年間の出場停止処分を受けた[41]

自己記録[編集]

種目 記録 場所 日付
三段跳 屋外 18m04 (+0.2) フランス記録 ロシアの旗 モスクワ 2013年8月18日
三段跳 室内 17m92 世界記録 フランスの旗 パリ 2011年3月6日
走幅跳 屋外 7m81 (+0.3) フランスの旗 ヴァランス 2013年8月31日
走幅跳 室内 8m01 フランスの旗 オーボンヌ 2011年2月13日

主な成績[編集]

大会 開催地 種目 順位 記録
2007 ヨーロッパジュニア選手権 フランスの旗 ナルボンヌ 三段跳 4位 16m35
2008 世界ジュニア選手権 ポーランドの旗 ビドゴシチ 三段跳 1位 17m33
2009 ヨーロッパ室内選手権 イタリアの旗 トリノ 三段跳 予選 15m94
世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 三段跳 11位 16m79
2010 世界室内選手権 カタールの旗 ドーハ 三段跳 1位 17m90 室内世界新記録
ダイヤモンドリーグ 三段跳 年間優勝 18pt
2011 フランス室内選手権 フランスの旗 オービエール英語版 三段跳 1位 17m91 室内世界新記録
ヨーロッパ室内選手権 フランスの旗 パリ 三段跳 1位 17m92 室内世界新記録
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 三段跳 1位 18m04 シーズン世界最高
  • その他優勝歴
  • フランス選手権 - 2009-2010,2013年
  • フランス室内選手権 - 2008-2009, 2011年

脚注[編集]

  1. ^ “Phillips Idowu rival Teddy Tamgho to miss Olympics through injury”. (2012年6月11日). http://www.bbc.co.uk/sport/0/olympics/18404472 
  2. ^ a b c d Mitch Phillips (2013-08-18). Tamgho joins elite 18-metre club for triple jump gold Reuters. 2013年8月28日閲覧
  3. ^ Sophie Greuil (2013-08-18). Athlétisme: Teddy Tamgho l'impulsif a pris la bonne impulsion Reuters. 2013年8月28日閲覧
  4. ^ Tamgho, un record né à Aulnay (フランス語). RMC Sport (2010-03-15). Retrieved on 2010-06-13.
  5. ^ Results – Triple Jump Men 2007 European Juniors. European Athletics (2007-07-20). Retrieved on 2010-06-13.
  6. ^ Vazel, Pierre-Jean (2008-02-17). Junior Tamgho threatens 17m barrier, Arron over Hurtis-Houairi – French Indoor champs Day two. IAAF. Retrieved on 2010-06-13.
  7. ^ “Hero Is Back!”. Gulf News. (2008年7月17日). http://www.gulf-daily-news.com/Story.asp?Article=223328&Sn=SPOR&IssueID=31119 2009年10月2日閲覧。 
  8. ^ Arcoleo, Laura (2008-07-12). Tamgho and Lemaitre make it a historical day for France. IAAF. Retrieved on 2010-06-13.
  9. ^ Championnats de France Elite. Athlé (2008-07-24). Retrieved on 2010-07-13.
  10. ^ Vazel, Pierre-Jean (2009-02-01). World Junior champion Teddy Tamgho triple jumps to 17.37m. IAAF. Retrieved on 2010-06-13.
  11. ^ Vazel, Pierre-Jean (2009-02-14). Hooker's momentum continues while Tamgho impresses in Paris. IAAF. Retrieved on 2010-06-13.
  12. ^ Vazel, Pierre-Jean (2009-02-21). Tamgho triples 17.44m in Liévin – French champs Day 1. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  13. ^ European Indoors 2009 – Triple Jump Men Results. European Athletics (2009-03-06). Retrieved on 2010-06-14.
  14. ^ European Athletics Indoor Championships – Men's Field Events Preview Archived 2009年3月6日, at the Wayback Machine.. European Athletics (2009-03-04). Retrieved on 2010-06-14.
  15. ^ 2009 Meeting Areva Triple Jump Men. IAAF (2009-07-17). Retrieved on 2010-06-14.
  16. ^ Vazel, Pierre-Jean (2009-07-26). Mesnil over Lavillenie, Baala returns with 1500m win – French Champs. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  17. ^ Mulkeen, Jon (2009-08-16). Event Report – Men's Triple Jump – Qualification Archived 2012年3月25日, at the Wayback Machine.. IAAF. Retrieved on 2009-08-18.
  18. ^ Mulkeen, Jon (2009-08-18). Event Report – Men's Triple Jump – Final Archived 2009年8月21日, at the Wayback Machine.. IAAF. Retrieved on 2009-08-19.
  19. ^ Vazel, Pierre-Jean (2010-03-01). Djhone breaks 18-year-old 400m national record, 8.24m world lead for Sdiri in Paris – French Indoor Champs. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  20. ^ Mirko Jalava (2010-03-14). DOHA 2010 - TAMGHO TRIPLES TO 17.90 WORLD INDOOR RECORD! - UPDATED IAAF. 2013年8月28日閲覧
  21. ^ Jalava, Mirko (2010-03-14). Doha 2010 – Tamgho triples to 17.90 World Indoor record! – UPDATED. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  22. ^ Dacoury, Laurence (2010-03-20). Tamgho ‘calms down and does things properly’. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  23. ^ Vazel, Pierre-Jean (2010-05-25). World leading 17.63 for Tamgho – 10.03PB for Lemaitre – French Club Champs report. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  24. ^ Vazel, Pierre-Jean (2010-06-09). Tamgho reconfirms top form in Montreuil with 17.63w. IAAF. Retrieved on 2010-06-14.
  25. ^ New York DL: mTJ - Tamgho 17.98m / 59' 0" Track & Field News. 2013年8月28日閲覧
  26. ^ Tamgho's terrific Triple tops in New York – REPORT – IAAF Diamond League. IAAF (2010-06-12). 2013年8月28日閲覧
  27. ^ a b French prodigy Tamgho comes of age Europian Athletics. 2013年8月28日閲覧
  28. ^ French prodigy Tamgho comes of age Archived 2010年10月3日, at the Wayback Machine.. European Athletics (2010-10-01). Retrieved on 2010-10-02.
  29. ^ France’s Tamgho voted men's Rising Star of the Year Archived 2010年10月1日, at the Wayback Machine.. European Athletics (2010-09-29). Retrieved on 2010-10-02.
  30. ^ Tamgho triples to 17.91m World indoor record in Aubiere. IAAF. Retrieved on 2011-02-20.
  31. ^ Ramsak, Bob (2011-03-06). Tamgho twice (!) triples 17.92m World record in Paris as European Indoor Champs conclude. IAAF. Retrieved on 2011-03-07.
  32. ^ Idowu to face rival Tamgho in Birmingham as duo prepare for World Championships Dailymail (2011-07-04). 2013年8月28日閲覧
  33. ^ Broken ankle puts Teddy Tamgho out of World Athletics Championships The Guardian (2011-07-19). 2013年8月28日閲覧
  34. ^ French triple jumper Teddy Tamgho banned for fight with female athlete Telegraph (2011-12-20). 2013年8月28日閲覧
  35. ^ Teddy Tamgho out of Olympics ESPN (2012-06-11). 2013年8月28日閲覧
  36. ^ a b c d e Diego Sampaolo (2013-08-19). TAMGHO FINALLY FULFILS HIS 18-METRES DREAM IAAF. 2013年8月28日閲覧
  37. ^ Lemaitre flies, Tamgho is back in form but beaten and Lesueur triumphs on busy night in Montreuil Europian Athletics (2013-06-04). 2013年8月28日閲覧
  38. ^ Pierre-Jean Vazel (2013-07-15). LAVILLENIE, VICAUT AND BILLAUD SHINE AT FRENCH CHAMPIONSHIPS IAAF. 2013年8月28日閲覧
  39. ^ La France veut danser le Tamgho Francetvsport (2013-08-07). 2013年8月28日閲覧
  40. ^ IAAF World Championships Triple Jump Men - Final IAAF. 2013年8月28日閲覧
  41. ^ 三段跳び覇者を処分=フランス陸連

外部リンク[編集]