テッド・シャークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てっど しゃーくす
テッド シャークス
本名 山本 哲也[1]
生年月日 (1981-01-25) 1981年1月25日(38歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県
職業 映画監督
映画プロデューサー
ジャンル 映画
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

テッド・シャークス(Ted Sharks、1981年[1]1月25日 - )は、日本映画監督茨城県出身。

来歴[編集]

システムエンジニアとして働く傍ら、デジタルハリウッドCGアニメーションクラスに入学。その後制作したCGアニメ作品『スプーンとナイフが出逢う時』で「つくばショートムービーコンペティションつくっぺ」筑波学院大学長賞を受賞した[2]

2015年、渡米しニューヨークフィルムアカデミー映画監督コースに入学する。在学中に制作した『Hard to say』がメトロポリタンフィルムフェスティバルオブニューヨークでベストミュージックビデオ賞を受賞した[3]。その後もショートフィルム『Red Rose Chronicle』がAccolade Global Film CompetitionとBest Shorts CompetitionでAward of Recognicion賞を受賞した[1]

エピソード[編集]

10年間サラリーマンを続けていたが、東日本大震災で両親が被災し、いつ理不尽に人生が終わっても後悔がないように映画監督になることを決意した[4]

作品[編集]

CGアニメーション[編集]

  • シャンプーボトル君の戦い(2012年)脚本・監督・制作
  • スプーンとナイフが出逢う時(2014年)脚本・監督・制作

映画[編集]

  • King of beers(2015年)脚本・監督
  • Hard to say(2015年)脚本・監督
  • Save the Underprivileged(2015年)脚本・監督
  • Yes, Sorry and F**k(2016年)脚本・監督
  • An Ideal Marriage(2016年)脚本・監督

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 34歳脱サラ監督 テッド・シャークスと25歳 俳優 斎藤陸の日本人タッグが製作した 「レッドローズクロニクル」が2つの国際フィルムコンペティションでダブル受賞の快挙!”. Info-Fresh.com. 2016年9月28日閲覧。
  2. ^ a b 西武筑波店6階 つくば西武ホールにて『つくばショートムービーコンペティション授賞式』が開催されました。
  3. ^ a b 2016 Metropolitan Film Festival WInners
  4. ^ テッド・シャークスNYで脚光”. 週刊NY生活. 2016年5月7日閲覧。
  5. ^ Award of Recognition August 2016
  6. ^ Award of Recognition September 2016

外部リンク[編集]