テッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テッセン
Clematis florida 'Sieboldii'
Clematis florida 'Sieboldii'
(ドイツ、2009年6月28日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
亜科 : キンポウゲ亜科 Ranunculoideae
: Anemoneae
: センニンソウ属 Clematis
亜属 : C. subg. Clematis
: C. sect. Viticella
亜節 : C. subsect. Floridae
: テッセン C. florida
学名
Clematis florida
Thunb.[1]
和名
テッセン(鉄線)
英名
Asian virginsbower

テッセン (鉄線、学名: Clematis florida)は、キンポウゲ科センニンソウ属つる性植物鉄線葛鉄線蓮とも呼ばれる。

また、クレマチスを指して「テッセン」と呼ぶこともある。

形態・生態[編集]

白色で、4cmほどのがく片が6つある。越冬させることができる多年草である。

分布・生育地[編集]

原産地は中国で、鉄線蓮(中国語: 铁线莲、鐵線蓮 (鐵綫蓮))と呼ばれており、日本でも別名として使われる。1661年1671年ごろ日本に移入される。ヨーロッパには1776年に紹介された。

人間との関わり[編集]

園芸品種がほとんどである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]