テクノロジー犯罪被害ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
特定非営利活動法人テクノロジー犯罪被害ネットワーク
団体種類 特定非営利活動法人
設立 2007年11月8日
所在地 東京都千代田区飯田橋二丁目9番6号 東西館ビル本館47号室
法人番号 7010005012355
起源 電波悪用被害者の会
主要人物 石橋輝勝
活動地域 日本の旗 日本
主眼 テクノロジー犯罪被害を訴えるための会
活動内容 テクノロジー犯罪被害者の救済、訴え、一般への認知
ウェブサイト http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
テンプレートを表示

特定非営利活動法人 テクノロジー犯罪被害ネットワークは、テクノロジー(後述)を使ったエレクトロニック・ハラスメントによる犯罪被害を訴えることを目的とするNPO法人[1]

概要[編集]

当団体は、電磁波超音波コンピュータネットワークなどのテクノロジーの悪用による被害者の輪を作る、相談事業、テクノロジーの悪用による犯罪を一般の人に認知させるための活動(街宣や出版など)を事業として行っているとしている。

定款に記載された目的は

この法人は、特定個人を狙って、電磁波・超音波等、目に見えない媒体を用いて身体・精神に影響を及ぼす行為(以後、当該行為をテクノロジー犯罪と称する)、また集団によるつきまといなど様々な人的嫌がらせ行為(以後、当該行為を人的嫌がらせと称する)を受けている被害者に対して、これらの行為が著しい人権侵害であり、犯罪であることから、この現実を社会で認知させ、それを取り締まる法整備を促し、法に則って処罰される環境を整えることなど、この犯罪を抑止し、根絶するための諸事業を行い、被害者を救済することに寄与することを目的とする。

とある。

なお、当団体は電磁波を用いた「犯罪」について

  • 電磁波は、目に見えず、遠隔距離から操作可能であり、しかも個人攻撃が行えることから、これまでの常識を逸脱した武器として悪用できるのである。しかも電磁波によって、他人の思惟活動に介入することも、心を覗き込むことも、心を操作することも、また生理現象を含め体調を操作することも、さらに狂人化することも、抹殺することもできるのである。
  • 電磁波による究極のプライバシーの侵害が、人権侵害が、現実に行われているのである。あまりにも常識を逸脱した武器であり、それによって行っていることがあまりにも非常識であるために、被害の実態を訴えても理解してもらえないのが実状である。

と、主張している[2]

被害の実例として、「集団ストーカー」と呼ばれている集団犯罪が行われていたり、加害者が「身体の操作」や「意識への介入」等を被害者に行っているとも主張している[3]

沿革[編集]

  • 1998年 - 第一回電波悪用被害者の会開催。
  • 2003年8月 - 理事長の石橋輝勝が千葉県八街市議会議員選挙に立候補して、当選。民主党から推薦を受けた。
  • 2007年8月 - 石橋輝勝が再選を狙って、八街市議会議員選挙に立候補するも落選した。
  • 2007年8月 - 第1回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・日本橋公会堂)
  • 2007年11月 - 東京都よりNPO法人として認証される。
  • 2008年3月 - 第1回テクノロジー犯罪被害フォーラム大阪
  • 2008年8月 - 第2回テクノロジー犯罪被害フォーラム東京
  • 2009年2月 - 第2回テクノロジー犯罪被害フォーラム大阪
  • 2009年11月 - 第3回テクノロジー犯罪被害フォーラム東京
  • 2010年2月 - 第3回テクノロジー犯罪被害フォーラム大阪
  • 2011年2月 - 第4回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 2012年3月 - 第5回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 確認被害者が1000名を超える。
  • 2013年2・3月 - 第6回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 2013年10月 - 大阪デモ行進
  • 2013年12月 - 東京デモ行進
  • 2014年4・5月 - 第7回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 2015年4・5月 - 第8回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 確認被害者が1500名を超える。
  • 2016年4・5月 - 第9回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 2017年5月 - 第10回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 2018年5月 - 第11回テクノロジー犯罪被害フォーラム(東京・大阪)
  • 確認被害者が2000名を超える。

活動内容[編集]

  • テクノロジーの悪用に関する被害者の定例会、集い、フォーラムの運営
  • テクノロジーの悪用に関する被害相談
  • 一般へのテクノロジーの悪用による犯罪の認知
  • 海外の最新テクノロジー犯罪情報の紹介

出版[編集]

  • 武器としての電波の悪用を糾弾する!(石橋輝勝著、平河工業社、1997年7月)ISBN 4990061535
  • 早すぎる?おはなし(内山治樹著、講談社出版サービスセンター、2008年12月)ISBN 4876018626
  • テクノロジー犯罪被害者による被害報告集(内山治樹編、講談社出版サービスセンター、2010年5月)ISBN 4876019096
  • テクノロジー犯罪被害者による被害報告集2(内山治樹編、講談社エディトリアル、2013年6月)ISBN 4907514352

脚注[編集]

外部リンク[編集]