テクスチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テクスチャ (Texture) とは、物の表面に触れた際の質感、感触、外観[1][2][3]

物体・物質における結合した粒子の性質[1]、物事の本質的な部分、実体(substance)[1][2]、散文や詩の要素[2]、芸術作品における表面的な品質[1][2][3]、音楽や文学作品において、複数の要素の組み合わせで醸成される品質[1]、合唱や楽曲演奏の際の音色の様式[1][2][3](→テクスチュア)。

そこから転じて、食べ物を噛んだ際の噛み応え、歯応えも意味する。→「The bread has a crumbly texture.」[3](「このパンは簡単に崩れる」)

語源は「織物」を意味するラテン語textura」(「weaving」, 「織物」の意)、「text」(『woven』→「『weave』の過去分詞形で、『織って作った』)から[1]

関連項目[編集]

参考[編集]

  1. ^ a b c d e f g Texture”. lexico.com. 2021年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e Texture”. merriam-webster.com. 2021年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d texture”. dictionary.cambridge.org. 2021年2月2日閲覧。