テカムセの呪い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テカムセの呪い(テカムセののろい、: Tecumseh's Curse)とは、第9代アメリカ合衆国大統領ウィリアム・ハリソン肺炎による死から始まる、西暦20の倍数の年に選出されたアメリカ合衆国大統領への一連の災難の原因とされる呪い。

概要[編集]

呪いの主はインディアン部族のひとつショーニー族テカムセ酋長で、領土を白人に奪われた末に1811年ティピカヌーの戦いウィリアム・ハリソンに殺される。あるいは彼の弟で予言者のテンスクワタワがかけたという。その「呪詛」は20年ごとに選ばれる大統領を死に至らしめるとされる。幾つかの資料では、テカムセを亡くした母親がかけた呪いとされるが、確固たる証拠はない。また一連の災難の原因が「インディアンの呪い」にあると示す明瞭な出典もない。

一方で、一連の合衆国大統領の頓死をロバート・リロイ・リプレー英語版は自著『信じようと信じまいと英語版[1]で「不思議な法則」として紹介しており、その後にケネディ大統領暗殺事件(1963年)が発生する等、必ずしも「テカムセの呪い」のみと関連付けて語られてきたわけでもない。

「呪い」の犠牲者[編集]

1840年から1960年までの120年間、西暦で20の倍数の年(XXX0年)に当選した大統領は全員が、大統領在職中に死去した。なお、アメリカ大統領選挙は必ず4の倍数の年に実施される。

以下は1980年以降の事例であり、死亡例は現段階では存在していない(2021年1月末時点)。

0年以外の事例[編集]

ザカリー・テイラーは20の倍数の年以外に選出され、在職中に死去した唯一の大統領であり、1848年に選出され、果物の食べ過ぎで消化不良を起こし1850年に死去した。これには毒殺説も存在したが、後年の研究で否定された。

アンドリュー・ジャクソンハリー・S・トルーマンの2人は20の倍数の年以外に選出され、いずれも大統領在職中に暗殺未遂に遭っており、それぞれ大統領選挙で勝ったのは1828年及び1832年1948年[注釈 1]であり、それぞれ1835年1950年に殺害を免れている。

セオドア・ルーズベルトは唯一、大統領の任期満了後に暗殺未遂に遭った。

なお、上記の内、リンカーン、マッキンリー、F・ルーズベルトを例外とし、全員、20の倍数の年に最初(唯一)の当選をとげ、最初(唯一)の任期中に死去している。リンカーンは暗殺の前年の1864年に銃撃事件に遭遇した際、銃弾が帽子を貫通しながら落命を免れた。

別称[編集]

0年の呪い (zero-year curse)、20年の呪い (twenty-year curse)、ティピカヌーの呪い (curse of Tippecanoe)、大統領の呪い (presidential curse) とも呼ばれる。

呪いの消失[編集]

レーガンは1980年に大統領に選出され、直後の1981年3月30日に暗殺未遂に遭いながらも(レーガン大統領暗殺未遂事件参照)、2期8年の任期を完うした。レーガン死去は2004年、大統領選出から24年後であった。

2000年に大統領に選出されたジョージ・W・ブッシュ(子ブッシュ)も、2期目の2005年5月10日にグルジアで演説中、投げつけられた手投げ弾が不発に終わり、2期8年の任期を完うして2020年現在も存命している。この他にも任期1年目の2001年9月11日にアメリカ同時多発テロが発生、2002年にはプレッツェルを食べている最中に失神・昏倒するものの、顔に傷を負っただけで窒息死は免れた。任期満了直前にはイラク人記者にを投げつけられながら、うまくよけて無傷であった。

このような解釈により「テカムセの呪い」は偶然であって、大統領の怪死の原因ではないという論調が主流になった。

それでも複数のキリスト教団体は「呪い」を真剣に考え、1980年(レーガン)および2000年(ブッシュ)にはそれぞれ、現役大統領が災難から守られるように祈願した。1920年以来、宗教団体が同様の祈願を行っており、その一つ「アメリカの仲裁者」Intercessors for America は1980年の「戦争祈願」で呪いを破ったと信じている。

次の周期は2020年アメリカ合衆国大統領選挙に当たるが、上記のSARSコロナウイルス2のアメリカ合衆国国内の世界最大の感染爆発に加えイランのソレイマニ司令官の殺害、黒人男性であるジョージ・フロイド殺害差別反対運動(ジョージ・フロイド抗議運動)の活発化でクリス・マーフィー米上院議員はアメリカ合衆国の崩壊を警告[2]している。高齢であり過激的、差別的言動の多い現職のドナルド・トランプが再選すればテカムセの呪いが復活するのではと懸念されていたが、さらに高齢の対立候補ジョー・バイデンが当選し、2021年1月20日に大統領に就任した。バイデンは非常に高齢での就任であるが故に無事に任期を全うできるのかが懸念材料となっており、当選が確実になった後の11月28日には愛犬と遊んでいる最中に足を骨折した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ トルーマンの大統領就任は1945年だが、このときは副大統領として仕えたF・ルーズベルトの死去を受け、無選挙であった。

出典[編集]

  1. ^ RIPLEY, Robert L (1934) (English). The New Believe it or Not!.. London. OCLC 504139254. https://www.worldcat.org/title/new-believe-it-or-not/oclc/504139254?referer=br&ht=edition 
  2. ^ 米上院議員が、アメリカの崩壊を警告” (日本語). Pars Today (2020年6月3日). 2020年9月17日閲覧。
  3. ^ バイデン次期米大統領、足を骨折 飼い犬と戯れ 時事通信 2020年11月30日10時48分

関連文献[編集]

  • (英語) The Sunday comics: half-sheets and smaller : locally assembled collection. (1900年代). OCLC 931793229  リプレーのコミック、新聞掲載分

関連項目[編集]