テオ・ヤンセン (彫刻家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テオ・ヤンセン
Jansen Theo Hannover.jpg
 
生誕 1948年3月17日
国籍 オランダの旗 オランダ
公式サイト theojansen.net

テオ・ヤンセンオランダ語: Theo Jansen 1948年 - )はオランダの彫刻家(キネティック・アーティスト)、物理学者

経歴[編集]

ストランドビースト

1948年3月17日、オランダデン・ハーグスヘフェニンゲンで生まれる。1968年デルフト工科大学物理学を学ぶ。1975年に画家に転向する。1990年、風力で動作するストランドビースト[注釈 1]の制作を開始。アートと科学が融合した多くの芸術作品を制作している[1][2]2010年には日本で最初の「テオ・ヤンセン展」が日本科学未来館など日本各地で開催された[3]

ホーリーナンバー

ストランドビースト[編集]

ストランドビーストは、プラスチックチューブで構成され、風力によって生物のような歩行をする造形作品。一脚を構成する各チューブの長さの比率は、「ホーリーナンバー」と呼ばれる13の数字で示される。プラスチックチューブの各部品を細胞(セル)と呼び、ストランドビーストを構成する基本単位としている。作品の変遷を生物の進化に模している[4]

作品の変遷[編集]

1990年以前、コンピューター上を動く人工生命の実験をする。1990年から1997年まで、チューブを粘着テープで接合したビーストの制作に始まり、風力を活動のエネルギーとする作品を制作。1997年から2001年、木材を素材とした巨大なビーストを制作。2001年から2006年、活動のエネルギーであった風力が、ペットボトルに風を貯めた圧縮空気に変わる。2006年から現在まで、プラスチックチューブと弁を組み合わせた部品のストランドビーストを制作[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オランダ語で、砂浜を意味する”Strand”と生命体を意味する”Beest”の2語を繋げた造語。「ビーチアニマル」とも言われる。

出典[編集]

  1. ^ 『大人の科学マガジン Vol.30』 2011年1月24日。28頁。
  2. ^ Profile テオ・ヤンセン日本公式サイト
  3. ^ 企画展『「テオ・ヤンセン展~生命の創造~」物理と芸術が生み出した新しい可能性』 日本科学未来館
  4. ^ 『大人の科学マガジン Vol.30』 2011年1月24日。12頁。
  5. ^ 『大人の科学マガジン Vol.30』 2011年1月24日。18-27頁。

参考文献[編集]

  • 『大人の科学マガジン Vol.30』 学研教育出版、第1刷、2011年1月24日。98頁。ISBN 9784056061680
  • 『風を食べて生きてます -テオ・ヤンセンのビーチアニマル-』芸術新潮 2011年2月号 P100

外部リンク[編集]