テオ・サラポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テオ・サラポ、1962年にエディット・ピアフと。

テオファニス・ランボウカス(Théophánis Lamboukas 、1936年1月26日1970年8月28日)は、テオ・サラポ(Théo Sarapo )の名でよく知られている、フランス人歌手俳優。フランス人歌手エディット・ピアフの二人目の夫である。元は美容師だったが、26歳のときに46歳のピアフと結婚した。彼はピアフの秘書のクロード・フィギュ(Claude Figus )から紹介されている。

生涯[編集]

サラポはパリに生まれた。ギリシャ系の端正な俳優・歌手で、1962年にピアフと歌った「À quoi ça sert l'amour (恋は何のために)」により成功を収めた。

ピアフの700万フラン相当の借金を引き継いだので、サラポは1963年クリスマスの日に、ピアフと住んでいたブルヴァール・ランヌアパルトモンから退去させられた。彼はLa maison qui ne chante plus を録音し、これもまたヒットした。他にCe jour viendra も大ヒットした。

ピアフと歌い始めたときは声が鼻にかかっていたが、数年後には息を呑むほどメロウな歌声になった。La Ronde やNous n'étions pas pareils なども他にヒットした。

俳優としての最も知られている映画は、ジョルジュ・フランジュ監督の「ジュデックス」で、これはピアフの死の頃に撮影された。

サラポは34歳でオート=ヴィエンヌ県リモージュの道路脇に亡くなった。1970年8月28日パナゾルコミューンで起きた自動車事故だった。パリのペール・ラシェーズ墓地の、ピアフと娘のマルセルの横に(マルセルの父のルイ・デュポンにより)埋葬されている。エディットの父ルイ・アルフォンス・ガションもまた、その墓に埋葬されている(名がエディットとテオと共に墓碑の右側に刻まれている)。マルセルの名は左側に刻まれている。墓の足側にはFamille Gassion-Piaf と刻まれている。

エディット・ピアフ[編集]

サラポは、ピアフが(イヴ・モンタンレ・コンパニョン・ド・ラ・シャンソンジョルジュ・ムスタキらと列なる)才能を見出した最後の一人だった。サラポはピアフとの結婚中は、よく一緒に録音しコンサートでは共演していた。

舞台名[編集]

舞台名の「サラポ」は、ギリシャ語の「私は君を愛する」(Σ‘αγαπώ 、サガポ)のフランス語での発音であり、ピアフ自身が選んだ。

外部リンク[編集]