テイラー・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイラー・ウィリアムズ
Taylor Williams
ミルウォーキー・ブルワーズ #54
Taylor Williams on March 25, 2019 (3) (cropped).jpg
2019年3月25日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州クラーク郡バンクーバー
生年月日 (1991-07-21) 1991年7月21日(28歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 MLBドラフト14巡目
初出場 2017年9月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

テイラー・グラント・ウィリアムズTaylor Grant Williams, 1991年7月21日 - )は、アメリカ合衆国ワシントン州クラーク郡バンクーバー出身のプロ野球選手投手)。右投両打。MLBミルウォーキー・ブルワーズ所属。

経歴[編集]

2013年MLBドラフト4巡目(全体122位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級ヘレナ・ブルワーズ英語版でプロデビュー。12試合(先発6試合)に登板して3勝1敗、防御率4.25、42奪三振を記録した。

2014年はA級ウィスコンシン・ティンバーラトラーズとA+級ブレバード・カウンティ・マナティーズでプレーし、2球団合計で27試合(先発17試合)に登板して9勝3敗4セーブ、防御率2.72、137奪三振を記録した。

2015年から2年間はトミー・ジョン手術及びそのリハビリのため、登板が無かった。

2016年11月18日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐためにブルワーズの40人枠入りした[1]

2017年、3年ぶりの復帰となったマイナーではAA級ビロクシ・シャッカーズでプレーし、22試合(先発14試合)に登板して0勝2敗、防御率3.09、57奪三振を記録した。9月1日にメジャー初昇格を果たし、6日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー[2]。この年メジャーでは5試合に登板して防御率1.93、4奪三振を記録した。

2018年はメジャーに定着し、56試合に登板して1勝3敗、防御率4.25、57奪三振を記録した。

投球スタイル[編集]

基本的にフォーシームスライダーとのコンビネーションで対峙している[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 MIL 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.2 4 0 2 0 0 4 0 0 1 1 1.93 1.29
2018 56 0 0 0 0 1 3 0 4 .250 236 53.0 53 6 25 4 1 57 4 0 28 25 4.25 1.47
2019 10 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 73 14.2 22 1 7 2 2 15 1 0 17 16 9.82 1.98
MLB:3年 71 0 0 0 0 2 4 0 4 .333 329 72.1 79 7 34 6 3 76 5 0 46 42 5.23 1.56
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2017 MIL 5 1 0 0 0 1.000
2018 56 3 5 0 1 1.000
2019 10 4 3 0 0 1.000
MLB 71 8 8 0 1 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 45(2017年)
  • 54(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Adam McCalvy (2016年11月9日). “Brinson, Hader added to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2019年6月10日閲覧。
  2. ^ Milwaukee Brewers at Cincinnati Reds Box Score, September 6, 2017” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年6月10日閲覧。
  3. ^ Taylor Williams Pitching Stat Details”. Baseball Cube. 2019年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]