テイズバレー (ウェストバージニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイズバレー
Teays Valley, West Virginia
テイズバレーの位置(ウェストバージニア州内)
テイズバレー
テイズバレー
ウェストバージニア州におけるテイズバレーの位置
北緯38度26分50秒 西経81度56分14秒 / 北緯38.44722度 西経81.93722度 / 38.44722; -81.93722座標: 北緯38度26分50秒 西経81度56分14秒 / 北緯38.44722度 西経81.93722度 / 38.44722; -81.93722
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウェストバージニア州の旗 ウェストバージニア州
パットナム郡
面積
 • 合計 7.3mi2 (18.8km2)
 • 陸地 7.2mi2 (18.6km2)
 • 水面 0.1mi2 (0.3km2)
標高
714ft (203m)
人口
 • 合計 13,175人
 • 密度 1,800/mi2 (700/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (東部夏時間)
市外局番 304
FIPS code 54-79545[3]
GNIS feature ID 1867651[4]

テイズバレー: Teays Valley[ˈtz] TAYZ[5])は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州西部にあるパットナム郡に位置する国勢調査指定地域(CDP) である。テイズバレーとスコットデポの2地区に分けられる[6]2010年国勢調査での人口は13,175 人だった[2]。ウェストバージニア州にある市と同列に人口を比較した場合、テイズバレーは第12位となっている。国勢調査指定地域としては最大である。またパットナム郡の中でも最大である。ケンタッキー州とオハイオ州にも跨るハンティントン・アシュランド (ケンタッキー州)大都市圏に属している。2010年時点の都市圏人口は287,702 人だった。アメリカ合衆国行政管理予算局による2013年2月28日からの新しい都市圏の定義によって、都市圏人口は約363,000人になった[7]

地理[編集]

テイズバレーは北緯38度26分50秒 西経81度56分14秒 / 北緯38.44722度 西経81.93722度 / 38.44722; -81.93722 (38.447204, -81.937324)に位置している[1]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、領域全面積は7.3平方マイル (18.8 km2)であり、このうち陸地7.2平方マイル (18.6 km2)、水域は0.1平方マイル (0.3 km2)で水域率は1.34%である

テイズバレーという名前の中にある「バレー」は、氷河期前のテイズ川の名残となっている場所のことである。今日、バレーの水は多くのクリークを流れ、カノー川とマッド川に合流する。

人口動態[編集]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[3]

基礎データ

  • 人口: 12,704 人
  • 世帯数: 4,789 世帯
  • 家族数: 3,749 家族
  • 人口密度: 668.3人/km2(1,730.0 人/mi2
  • 住居数: 5,062 軒
  • 住居密度: 266.3軒/km2(689.3 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.2%
  • 18-24歳: 6.4%
  • 25-44歳: 29.8%
  • 45-64歳: 24.1%
  • 65歳以上: 12.4%
  • 年齢の中央値: 38歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.0
    • 18歳以上: 87.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 39.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 67.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.0%
  • 非家族世帯: 21.7%
  • 単身世帯: 19.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 7.6%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.62人
    • 家族: 3.00人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 53,053米ドル
    • 家族: 62,711米ドル
    • 性別
      • 男性: 52,083米ドル
      • 女性: 27,036米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,236米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 8.1%
    • 対家族数: 6.5%
    • 18歳未満: 9.6%
    • 65歳以上: 8.0%

消防署[編集]

テイズバレー消防署の消防車

テイズバレー地域は主にテイズバレー消防署が守っている[8]。1864年にスコット/テイズ・ライオンズクラブが全員ボランティアの組織として設立した。2013年3月、有給職員を一群のボランティアで補う1日24時間週7日稼働の組み合わせ消防署となった。

テイズバレーのテイズ地域にある旧駅舎

教育[編集]

パットナム郡教育学区がテイズバレーの公立学校を運営している。地域の公立学校に通う高校生は、ハリケーンのハリケーン高校と、ウィンフィールドのウィンフィールド高校に分かれることになる。

私立の幼稚園から12年生までを教える学校として、テイズバレー・クリスチャン学校がある。

ウエストバージニア国際学校は日本語の週末学校であり、スコットデポにあるスコット・テイズ小学校で授業を行っている。この学校の事務所はチャールストン市のウェストバージニア州教育省施設第6棟に入っている[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  2. ^ a b American FactFinder”. United States Census Bureau. 2011年5月14日閲覧。
  3. ^ a b American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  4. ^ US Board on Geographic Names”. United States Geological Survey (2007年10月25日). 2008年1月31日閲覧。
  5. ^ Sullivan, Walter (1983年11月29日). “A Great Lost River Gets Its Due”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1983/11/29/science/a-great-lost-river-gets-its-due.html?&pagewanted=all 2009年5月19日閲覧. "[William G. Tight] called it the Teays (pronounced taze) River, for a village in West Virginia." 
  6. ^ /aldata20/st54/work/2KGUENT_424_FPLC_5479545/COFPLC_5479545_002
  7. ^ Population statistics”. 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月24日閲覧。
  8. ^ Teays Valley Fire Department
  9. ^ "国際学校の概要." West Virginia International School. Retrieved on April 1, 2015. "所在地 Scott Teays Elementary(借用校) 4308 Teays Valley Road Scott Depot, WV 25560" and "事務所 WV Department of Education Building 6, Room 318 1900 Kanawha Blvd. East Charleston, WV 25305-0330  "