テイキング・タイガー・マウンテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイキング・タイガー・マウンテン
ブライアン・イーノスタジオ・アルバム
リリース
録音 1974年9月 ロンドン アイランド・スタジオ[1]
ジャンル アート・ロック
時間
レーベル アイランド・レコード
ヴァージン・レコード(リイシュー)
プロデュース ブライアン・イーノ
専門評論家によるレビュー
ブライアン・イーノ アルバム 年表
悪魔の申し子たち〜その歴史的集会より(with ケヴィン・エアーズジョン・ケイルニコ
(1974年)
テイキング・タイガー・マウンテン
(1974年)
アナザー・グリーン・ワールド
(1975年)
テンプレートを表示

テイキング・タイガー・マウンテン[注釈 1]』(原題:Taking Tiger Mountain (By Strategy))は、ブライアン・イーノ1974年11月に発表した、ソロ名義では2作目のスタジオ・アルバム

背景[編集]

アルバム・タイトルは、中国の革命現代京劇智取威虎山』の英訳である[2]。本作のジャケットを描いたピーター・シュミットは、後に「オブリーク・ストラテジーズ英語版」と呼ばれるカード・セットをイーノと共に考案した人物でもある[3]

評価・影響[編集]

スティーヴ・ヒューイはオールミュージックにおいて満点の5点を付け「『ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ』ほど熱い作品ではないが、『テイキング・タイガー・マウンテン』は、彼自身がほどなく脱却することとなる熟達したポップ・ソングの構築力により、親しみやすい内容となっている」と評している[4]バウハウスは、1982年のアルバム『ザ・スカイズ・ゴーン・アウト英語版』において、本作収録曲「サード・アンクル」をカヴァーした[5]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はブライアン・イーノ作。

  1. バーニング・エアラインズ・ギヴ・ユー・ソー・マッチ・モア - "Burning Airlines Give You So Much More" - 3:17
  2. バック・イン・ジュディーズ・ジャングル - "Back in Judy's Jungle" - 5:15
  3. ザ・ファット・レディ・オブ・リンバーグ - "The Fat Lady of Limbourg" - 5:05
  4. マザー・ホエール・アイレス - "Mother Whale Eyeless" - 5:45
  5. ザ・グレート・プリテンダー - "The Great Pretender" - 5:11
  6. サード・アンクル - "Third Uncle" (Brian Eno / arranged by Brian Turrington) - 4:47
  7. プット・ア・ストロー・アンダー・ベイビー - "Put a Straw Under Baby" - 3:25
  8. ザ・トゥルー・ホイール - "The True Wheel" (B. Eno, Phil Manzanera) - 5:11
  9. チャイナ・マイ・チャイナ - "China My China" - 4:44
  10. テイキング・タイガー・マウンテン - "Taking Tiger Mountain" - 5:32

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本初回盤LP (ILS-80091)の邦題は『タイガー・マウンテン』で、2013年発売の紙ジャケットCD (VJCP-98047)でも当時の帯が再現された。

出典[編集]

  1. ^ Eno* - Taking Tiger Mountain (By Strategy) (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  2. ^ 青野繁治 (2009年11月20日). “欧米および日本のロックに見るチャイナインパクト (PDF)”. 2018年8月2日閲覧。
  3. ^ Williams, Richard T (2004年7月8日). “Brian Eno: Taking Tiger Mountain (By Strategy) (reissue)”. PopMatters. 2018年8月2日閲覧。
  4. ^ Huey, Steve. “Taking Tiger Mountain (By Strategy) - Brian Eno”. AllMusic. 2018年8月2日閲覧。
  5. ^ Raggett, Ned. “The Sky's Gone Out - Bauhaus”. AllMusic. 2018年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]