テイエムドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テイエムドラゴン
T M Dragon.JPG
第130回中山大障害出走時
(2007年12月22日)
欧字表記 T M Dragon[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2002年4月10日[1]
抹消日 2007年12月26日[2]
アドマイヤベガ[1]
ヤエシラオキ[1]
母の父 マルゼンスキー[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[1]
生産者 鎌田正嗣[1]
馬主 竹園正繼[1]
調教師 小島貞博栗東[1]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀障害馬(2005年)
生涯成績 17戦5勝[1]
獲得賞金 2億9017万5000円[1]
勝ち鞍
J・GI 中山大障害 2005年
J・GII 京都ハイジャンプ 2005、2007年
J・GII 阪神スプリングジャンプ 2006年
テンプレートを表示

テイエムドラゴン(T M Dragon)[1]とは日本競走馬。主な勝ち鞍に2005年中山大障害、2005年と2007年京都ハイジャンプ2006年阪神スプリングジャンプ。2005年度のJRA賞最優秀障害馬に選出された。

戦績[編集]

  • 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ[3]

2004年11月14日、京都競馬場での2歳新馬戦でデビューし、5着。7戦目の未勝利戦で3着に入ったのが最高成績で、9戦未勝利のまま障害競走に転じる。2005年10月30日の障害未勝利戦でトータルの初勝利を挙げると、続く京都ハイジャンプでは直線で先頭に立ってそのまま押し切り、2着アズマビヨンドに4馬身差をつけて重賞初制覇を果たす[4]。12月の中山大障害では中団に構える競馬からバンケットの下り上りで一気に先頭に取りつき、最後は2着メルシーエイタイムを9馬身も引き離して障害戦3戦3勝でJ・GI制覇を達成[5][6]。鞍上の白浜雄造はG1競走初制覇とともに中山競馬場での障害重賞初制覇[5]、管理の小島貞博は管理馬の初のG1競走制覇と同時に騎手・調教師でダブルの中山大障害制覇となった[5][6]。また、父アドマイヤベガはこれが産駒のG1競走初制覇[5]。3歳馬の中山大障害制覇は1968年秋のタジマオーザ以来のことで、同じ2002年生まれのディープインパクトカネヒキリと並んで障害に一時代を築く予測も立てられた[6]。2005年度のJRA賞各賞選考では、最優秀障害馬に選ばれた[7]

4歳初戦の春麗ジャンプステークスでは鼻出血もあって4着に終わったが[8]、その次の阪神スプリングジャンプでは粘るアズマビヨンドを退けて重賞3勝目を挙げた[9]中山グランドジャンプでは前年覇者のカラジにクビ差の2着に終わり[10]、レース後に右第1指骨剥離骨折を発症していたことが判明[11]。1年以上の長期休養ののち、2007年の京都ハイジャンプで戦列に復帰。レースでは途中から先頭に立ってそのまま押し切り勝利[12]。1年7か月ぶりの出走での重賞制覇はスズパレードの記録を約4か月更新、また馬体重46キロ増での勝利はマンハッタンカフェの富良野特別勝ち時とタイ記録となった[13]中山大障害に出走も2年前に下したメルシーエイタイムの4着に終わり[14]、レース後に再び屈腱炎を発症していたことが判明したため、12月26日付で競走馬登録を抹消された[2][15]

引退後は乗馬となり、京北育成牧場(高宮ライディングパーク)、2011年ごろには神戸乗馬クラブなどで繋養された[2][15]

競走成績[編集]

以下の内容は、JBISサーチ[3]、netkeiba.com[16]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場) 頭数 枠番 馬番 オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F[race 1]
着差 騎手 斤量
[kg]
勝ち馬/(2着馬) 馬体重
[kg]
2004.11.14 京都 2歳新馬 芝1800m(良) 11 4 4 028.60(6人) 05着 R1:52.4(35.6) -0.8 0小池隆生 55 グランロワイヤル 512
0000.12.05 中京 2歳未勝利 芝1800m(稍) 16 2 4 014.90(5人) 08着 R1:52.6(36.6) -1.3 0田嶋翔 55 グッドエモーション 506
2005.02.27 阪神 3歳未勝利 ダ1800m(良) 12 8 12 018.70(4人) 11着 R1:58.9(40.4) -2.5 0田嶋翔 56 ホクセツバロン 504
0000.03.20 阪神 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 2 4 259.7(14人) 10着 R2:03.7(36.0) -1.0 0柴原央明 56 マイハッピークロス 494
0000.06.19 函館 3歳未勝利 芝1800m(良) 15 4 7 126.3(12人) 08着 R1:50.3(36.3) -0.8 0田嶋翔 56 ゼウスワンダー 504
0000.07.03 函館 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 4 7 022.80(7人) 05着 R2:06.2(36.5) -0.4 0小林徹弥 56 シルキーオメガ 496
0000.07.09 函館 3歳未勝利 芝2600m(良) 14 8 14 058.9(10人) 03着 R2:45.1(36.8) -0.4 0小林徹弥 56 ゼンスピリッツ 496
0000.07.30 函館 3歳未勝利 芝2600m(稍) 13 7 11 003.50(1人) 04着 R2:49.1(37.6) -0.5 0田嶋翔 56 メジロハスラー 498
0000.09.10 阪神 3歳未勝利 芝2000m(良) 16 4 7 020.80(6人) 06着 R2:01.3(36.3) -0.5 0田嶋翔 56 スマイルフォライフ 488
0000.10.30 京都 障害3歳以上未勝利 障2910m(良) 14 2 2 007.50(4人) 01着 R3:18.5(13.6) -0.8 0白浜雄造 58 (クラシックブレード) 502
0000.11.12 京都 京都ハイジャンプ J・GII 障3930m(良) 8 2 2 007.40(2人) 01着 R4:33.2(13.9) -0.7 0西谷誠 58 アズマビヨンド 504
0000.12.24 中山 中山大障害 J・GI 障4100m(良) 14 4 6 004.40(2人) 01着 R4:39.9(13.7) -1.5 0白浜雄造 61 メルシーエイタイム 490
2006.02.04 東京 春麗ジャンプS 障OP 障3300m(良) 14 4 5 001.30(1人) 04着 R3:41.8(13.4) -1.1 0白浜雄造 62 アインオーセン 500
0000.03.11 阪神 阪神スプリングジャンプ J・GII 障3900m(良) 14 4 5 001.70(1人) 01着 R4:24.3(13.6) -0.1 0白浜雄造 62 (アズマビヨンド) 500
0000.04.15 中山 中山グランドジャンプ J・GI 障4250m(良) 15 5 8 002.30(1人) 02着 R4:50.8(13.7) -0.0 0白浜雄造 62 カラジ 478
2007.11.10 京都 京都ハイジャンプ J・GII 障3930m(良) 7 2 2 003.80(2人) 01着 R4:24.6(13.5) -0.5 0白浜雄造 63 コウエイトライ 524
0000.12.22 中山 中山大障害 J・GI 障4100m(良) 16 7 13 001.90(1人) 04着 R4:41.8(13.7) -2.1 0白浜雄造 63 メルシーエイタイム 510
  1. ^ 障害戦は平均1F

血統表[編集]

テイエムドラゴン血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系
[§ 2]

アドマイヤベガ
1996 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
ベガ
1990 鹿毛
*トニービン
Tony Bin
Kampala
Severn Bridge
*アンティックヴァリュー
Antique Value
Northern Dancer
Moonscape

ヤエシラオキ
1989 芦毛
マルゼンスキー
1974 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
*シル
Shill
Buckpasser
Quill
母の母
ノスタルヒアス
1974 芦毛
*フォルティノ
Fortino
Grey Sovereign
Ranavalo
サチカマダ *ヴィミー
ミスサチヨ
母系(F-No.) フロリースカツプ(GB)系(FN:3-l) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4 × 4 = 12.50%、Tom Fool 5 × 5 = 6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [17][18]
  2. ^ [18]
  3. ^ [17][18]
  4. ^ [17][18]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o テイエムドラゴン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c テイエムドラゴンが引退、今後は乗馬に [News]”. 中央競馬実況中継 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2007年12月26日). 2021年8月27日閲覧。
  3. ^ a b テイエムドラゴン 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年8月27日閲覧。
  4. ^ 京都ハイJ、テイエムドラゴンが快勝”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2005年11月12日). 2021年8月27日閲覧。
  5. ^ a b c d 中山大障害、3歳テイエムドラゴンが横綱相撲で大楽勝”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2005年12月24日). 2021年8月27日閲覧。
  6. ^ a b c 第128回中山大障害”. 過去GI成績. 日本中央競馬会. 2021年8月27日閲覧。
  7. ^ JRA年度代表馬はディープインパクト”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2006年1月10日). 2021年8月27日閲覧。
  8. ^ 開催競馬・主な出来事”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2006年2月6日). 2021年8月27日閲覧。
  9. ^ 阪神スプリングJ、テイエムドラゴン貫禄勝ち”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2006年3月11日). 2021年8月27日閲覧。
  10. ^ 中山グランドJ、カラジが連覇達成”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2006年4月15日). 2021年8月27日閲覧。
  11. ^ テイエムドラゴン剥離骨折で全治3か月”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2006年4月16日). 2021年8月27日閲覧。
  12. ^ 京都ハイJ、GI馬テイエムドラゴンが快勝”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2007年11月10日). 2021年8月27日閲覧。
  13. ^ JRA重賞史上最長休養明け馬の勝利”. 競馬ブックweb. 株式会社ケイバブック. 2021年8月27日閲覧。
  14. ^ 中山大障害、メルシーエイタイムが3度目の正直”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2007年12月22日). 2021年8月27日閲覧。
  15. ^ a b 05年中山大障害制覇ドラゴン登録抹消”. 日刊スポーツ (2007年12月27日). 2021年8月27日閲覧。
  16. ^ テイエムドラゴンの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2021年8月27日閲覧。
  17. ^ a b c テイエムドラゴン 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2021年8月27日閲覧。
  18. ^ a b c d テイエムドラゴンの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2021年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]