ティーピュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ティーピュス古希: Τῖφυς, Tīphys)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してティピュスとも表記される。ハグニアースの子[1][2]、あるいはポルバースとヒュルミーネーの子で[3]ボイオーティアのシパイ[1]、あるいはティパの出身[4]

ティーピュスはアルゴナウタイの1人で、アルゴー船操舵手を務めた[2][3]。ティーピュスは航海術に優れていたため、アテーナー自身がアルゴナウタイに加わることを勧めたといわれる[5]

アルゴナウタイがマリアンデューノス人の王リュコスのもとを訪れたとき、予言者イドモーンイノシシに襲われて死んだが、イドモーンを埋葬した日にティーピュスも急な病気で死んだといわれる。ティーピュスの死後、アルゴー船の操舵手はアンカイオスが務めることになった[6][7][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b ロドスのアポローニオス、1巻105行。
  2. ^ a b アポロドーロス、1巻9・16。
  3. ^ a b c ヒュギーヌス、14話。
  4. ^ パウサニアス、9巻32・4。
  5. ^ ロドスのアポローニオス、1巻106行-110行。
  6. ^ ロドスのアポローニオス、2巻854行-898行。
  7. ^ アポロドーロス、1巻9・23。

参考文献[編集]