ティンマ・ブーパーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ティンマ・ブーパーラ
ヴィジャヤナガル
在位 1491年
死去 1491年
王朝 サールヴァ朝
父親 サールヴァ・ナラシンハ
テンプレートを表示

ティンマ・ブーパーラ(Thimma Bhupala, 生年不詳 - 1491年)、南インドヴィジャヤナガル王国サールヴァ朝の君主(在位:1491年)。

生涯[編集]

1491年、父王サールヴァ・ナラシンハが死亡したため、幼少の息子ティンマ・ブーパーラがその王位を継承した。

だが、軍司令官の一人にすぐに殺害されてしまったため、弟のインマディ・ナラシンハ・ラーヤが王位を継承した。

参考文献[編集]

  • Suryanath U. Kamath, A Concise history of Karnataka from pre-historic times to the present, Jupiter books, MCC, Bangalore, 2001 (Reprinted 2002) OCLC: 7796041

関連項目[編集]