ティンデル聖書注解

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ティンデル聖書注解』(ティンデルせいしょちゅうかい、Tyndale New Testament Commentary)は、イギリスケンブリッジティンダルハウス聖書学研究所Tyndale House)に所属する、各国の福音派の学者たちによって執筆された注解書。

欽定訳聖書(KJV)をベースに執筆したものを、改訂標準訳聖書(RSV)や新国際訳聖書(NIV)に基づいて改訂したシリーズである。レオン・モリスが全体の監修をしている。

旧約版の刊行は1964年、デレク・キドナーの『箴言』に始まり、1999年に『イザヤ書』で完成した。

いのちのことば社の創立55周年記念事業として、2003年から2014年にかけて同社によって日本語訳が刊行された。日本語版の監修者は遠藤嘉信富井悠夫鞭木由行山口昇である。聖書本文は新改訳聖書第3版を使用している。

各書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]