ティル・ザ・ワールド・エンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ティル・ザ・ワールド・エンズ
ブリトニー・スピアーズシングル
初出アルバム『ファム・ファタール
リリース
規格 CDシングルデジタル・ダウンロード
録音 ロサンゼルスコンウェイスタジオ
ジャンル ダンスポップエレクトロポップ
時間
レーベル ジャイヴ
作詞・作曲 ルーカシュ・ゴットワルトマックス・マーティンアレキサンダー・クロンランドケシャ・セバート
プロデュース ドクター・ルーク、マックス・マーティン、ビルボード
ブリトニー・スピアーズ シングル 年表
ホールド・イット・アゲインスト・ミー
(2011年)
ティル・ザ・ワールド・エンズ
(2011年)
アイ・ワナ・ゴー
(2011年)
ミュージックビデオ
「Till The World Ends」 - YouTube
テンプレートを表示

ティル・ザ・ワールド・エンズ」(Till the World Ends)は、アメリカ合衆国の音楽家ブリトニー・スピアーズによる楽曲。彼女の7枚目のスタジオ・アルバム『ファム・ファタール』からの2枚目のシングルとしてリリースされた。「ティル・ザ・ワールド・エンズ」はドクター・ルークアレキサンダー・クロンランドマックス・マーティンケシャによって作曲され、プロデュースをドクター・ルーク、マーティン、ビルボードが行った。楽曲は2011年3月3日にリークされ、翌日にデジタル・ダウンロードが開始された。楽曲はエレクトロのビートとチャントコーラスを持つアップ・テンポのダンスポップ及びエレクトロポップの楽曲構成で、スピアーズが終わりの時までダンスについて歌う内容になっている。「ティル・ザ・ワールド・エンズ」は大部分の批評家から肯定的評価を受け、ある批評家はこの曲は人々を魅了するダンストラックであり、アンセム性があるとして敬意を表した。

この楽曲には複数のリミックスが存在する。「ティル・ザ・ワールド・エンズ」のボリウッド・リミックスはインドの音楽プロデューサー・デュオサリーム・スライマーン・マーチャントにより製作された。ケシャとラッパーのニッキー・ミナージュがフィーチャーされているザ・ファム・ファタール・リミックスは2011年4月25日にリリースされた。後者には、ミナージュのラップとケシャによるダブステップのブレイクダウンが新たに追加された。批評家はザ・ファム・ファタール・リミックスに賛否両論の評価を与え、ケシャの参加を酷評し、ミナージュのラップと表記上の三者には一応の賛辞を贈った。「ティル・ザ・ワールド・エンズ」は大衆的な成功を収め、オーストラリア、カナダ、フランス、ニュージーランド、アメリカ合衆国を含む世界16ヶ国でトップ10入りを果たしている。ザ・ファム・ファタール・リミックスは、アメリカ合衆国とカナダでのシングルのトップ5入りを後押しした。

この楽曲のミュージック・ビデオは2種類製作され、最初に公開されたディレクターズ・カットバージョンは2011年4月6日に発表された。レイ・ケイが監督を務めており、2012年12月21日に開催される地下ダンスパーティの様子が描写されている。批評家はビデオは2001年に発表された「アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー」に類似していると指摘した上で、肯定的評価を与えた。ビデオのコレオグラフィー・カットバージョンは2011年4月15日に公開された[1]。スピアーズはテレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』と『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演してこの曲を披露しており、また2011年のビルボード・ミュージック・アワードでも同様に披露されている。更にスピアーズは2011年のファム・ファタール・ツアーのアンコールでも楽曲のパフォーマンスを行っている。

経緯[編集]

音楽雑誌『スピン』の2011年2月11日号のなかで、ケシャはドクター・ルーク、マックス・マーティンとともに「ティル・ザ・ワールド・エンズ」という楽曲を『ファム・ファタール』のために補作していることを明らかにした。彼女は楽曲のインスピレーションについて、「この曲は彼女(ブリトニー・スピアーズ)や他の女性アーティストがツアーで世界中を飛び回っていることを想像して書いたの。ステージに出る夜は、最高に楽しくてまるで魔法のような夜になるわ。そんな日は寝るのが惜しくて、世界が終わるまでこのままで居たいっていう気分になる。そんな歌よ。」と語った[2][3]。2011年3月2日、スピアーズはセーターとヒールを身につけ、カウチに座っているシングルのカバー・アートをDeezer.comに投稿し公開した。更にAmazon.deには30秒間の楽曲試聴が加わったことも確認された[4]。「ティル・ザ・ワールド・エンズ」は2011年3月3日にオンラインにリークされ、その数時間後スピアーズは自身のツイッターアカウントで"Looks like the cat's out of the bag..."(秘密が漏れてしまったようね・・・)と投稿した[5][6]。翌日の2011年3月4日10:00 EST (UTC 15:00)、スピアーズはラジオ番組『オン・エア・ウィズ・ライアン・シークレスト』に出演し、番組で楽曲を公式に解禁した[7][8]。「ティル・ザ・ワールド・エンズ」は当初の計画より数日早められ、同日中にiTunesでもリリースされ入手可能となった[9]。シングル化を受け、ケシャはMTV Newsに対し次のように話している:「他の何よりもまず、私は自分自身を作曲家だと捉えているの。だから、ポップ・ミュージックの偉大なアイコンのひとりに曲を提供できるなんて光栄だわ。」[a 1][10]ライアン・シークレストとのインタビューの中で、スピアーズはこの曲を「ニュー・アルバムでの自分のお気に入り曲」と呼んでいる[7]

収録曲[編集]

チャートと認定[編集]

ラジオ解禁と発売日一覧[編集]

地域 情報 規格 レーベル
アメリカ合衆国 2011年3月4日 ラジオ[8] ジャイブレコード
デジタル・ダウンロード[11]
デジタル・ダウンロード
イギリス[46]
アメリカ合衆国[47] 2011年3月7日 メインストリームラジオ
ドイツ 2011年3月11日[48] デジタル・ダウンロード
2011年4月15日[49] CDシングル
アメリカ合衆国[12] デジタル・ダウンロード – リミックス

脚注[編集]

  1. ^ 原文は "I consider myself a songwriter before and above everything else, so it's an honor to write for one of pop music's biggest icons."

出典[編集]

  1. ^ ブリトニー、『ティル・ザ・ワールド・エンズ』のPVが完成!(2013年4月27日時点のアーカイブ) - SNAP!、2011年4月6日。
  2. ^ http://www.barks.jp/news/?id=1000067893
  3. ^ O'Donnell, Kevin (2011年2月11日). “Ke$ha talks US Tour: 'It's an Epic Dance Party'”. Spin. Spin Media LLC. 2011年3月3日閲覧。
  4. ^ Vena, Jocelyn (2011年3月3日). “Britney Spears May Release Ke$ha-Penned Track As Next Single”. MTV. MTV Networks. 2011年3月3日閲覧。
  5. ^ Vena, Jocelyn (2011年3月3日). “Britney Spears' 'Till The World Ends' Hits Web”. MTV. MTV Networks. 2011年3月3日閲覧。
  6. ^ Lipshutz, Jason (2011年3月3日). “Britney Spears' 'Till the World Ends' Leaks Online: Listen”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年3月3日閲覧。
  7. ^ a b http://www.billboard-japan.com/system/d_news/detail/5294
  8. ^ a b Staff reporter, Cassie (2011年3月3日). “Press Release: New Song Titled "Till the World Ends" & Femme Fatale Tracklisting”. BritneySpears.com. 2011年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月3日閲覧。
  9. ^ Collett-White, Mike (2011年3月4日). “Britney single 'leaks'”. Toronto Sun. Sun Media. 2011年3月4日閲覧。
  10. ^ Carter, Kelley L. (2011年3月3日). “Exclusive: Ke$ha Talks Writing Britney Spears' 'Till The World Ends'”. MTV. MTV Networks. 2011年3月3日閲覧。
  11. ^ a b Till the World Ends - Single by Britney Spears”. アップル (2011年3月3日). 2011年3月3日閲覧。
  12. ^ a b Till the World Ends (The Remixes)”. iTunes Storeアップル. 2011年4月19日閲覧。
  13. ^ Britney Spears - Till The World Ends - Sony Music Entertainment Germany GmbH”. 2011年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月31日閲覧。
  14. ^ Till the World Ends (The Femme Fatale Remix) [feat. Nicki Minaj & Ke$ha – Single]”. iTunes Store United States. Apple Inc.. 2012年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月25日閲覧。
  15. ^ Till the World Ends (The Femme Fatale Four Pack) – Single”. iTunes Store Australia. Apple Inc.. 2011年5月10日閲覧。
  16. ^ a b Top 50 Singles Chart – 25/4/2011”. オーストラリアレコード産業協会 (2011年4月25日). 2011年4月24日閲覧。
  17. ^ Top 75 Singles”. austriancharts.at (May, 2011). 2011年5月17日閲覧。
  18. ^ "Ultratop.be – Britney Spears – Till the World Ends" (in Dutch). Ultratop 50. 2011年4月15日閲覧。
  19. ^ "Ultratop.be – Britney Spears – Till the World Ends" (in French). Ultratop 50. 2011年4月15日閲覧。
  20. ^ "Britney Spears Chart History (Canadian Hot 100)". Billboard.
  21. ^ "ČNS IFPI" (in Czech). Hitparáda – Radio Top 100 Oficiální. IFPI Czech Republic. Note: insert 201116 into search. 2011年4月26日閲覧。
  22. ^ "Danishcharts.com – Britney Spears – Till the World Ends". Tracklisten. 2011年5月10日閲覧。
  23. ^ "Britney Spears: Till the World Ends" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2011年3月21日閲覧。
  24. ^ "Lescharts.com – Britney Spears – Till the World Ends" (in French). Les classement single. 2011年3月14日閲覧。
  25. ^ "Musicline.de – Britney Spears Single-Chartverfolgung" (in German). Media Control Charts. PhonoNet GmbH.
  26. ^ Billboard Greek Airplay Charts: Εβδομάδα: 05-05-2011 έως 12-05-2011” (Greek). Billboard. IFPI Greece (2011年5月17日). 2011年5月17日閲覧。
  27. ^ "Chart Track: Week 10, 2011". Irish Singles Chart. 2011年3月11日閲覧。
  28. ^ Classifica italian FIMI del 18 Aprile 2011”. Federation of the Italian Music Industry. Sony BMG Italy. 2011年5月1日閲覧。
  29. ^ "Dutchcharts.nl – Britney Spears – Till the World Ends" (in Dutch). Single Top 100. 2011年3月11日閲覧。
  30. ^ Chart #1746 – Monday 14 March 2011: Top 40 Singles Chart”. Recording Industry Association of New Zealand (2011年3月14日). 2011年3月15日閲覧。
  31. ^ "Norwegiancharts.com – Britney Spears – Till the World Ends". VG-lista. 2011年3月18日閲覧。
  32. ^ Top5 Airplay, see: "przejdź do archiwum" > "26.03. – 01.04.2011"”. Polish Music Charts. 2011年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月9日閲覧。
  33. ^ Britney Spears - Till The World Ends”. Tophit 100. 2012年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。July 28, 2011, 2011閲覧。
  34. ^ Top 100 Radio”. IFPI Slovakia (2011年5月17日). 2011年5月17日閲覧。
  35. ^ :: 가온차트와 함께하세요 ::. Gaonchart.co.kr. Retrieved on 2011-05-14.
  36. ^ "Spanishcharts.com – Britney Spears – Till the World Ends" Canciones Top 50.
  37. ^ Veckolista Singlar – Vecka 11, 18 mars 2011” (Swedish). Sverigetopplistan. GLF. 2011年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月20日閲覧。
  38. ^ "Swisscharts.com – Britney Spears – Till the World Ends". Swiss Singles Chart. 2011年5月3日閲覧。
  39. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2011年5月17日閲覧。
  40. ^ a b Caufield, Keith (2011年5月4日). “Adele's '21' Marks Sixth Week at No. 1 on Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月18日閲覧。
  41. ^ Chart Highlights: Dance/Club Play, Country Songs & More”. Billboard. Prometheus Global Media (2011年4月25日). 2011年4月25日閲覧。
  42. ^ Till the World Ends – Britney Spears”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年5月18日閲覧。
  43. ^ Certificeringer | ifpi.dk” (Danish). International Federation of the Phonographic Industry. 2011年7月14日閲覧。
  44. ^ Latest Gold / Platinum Singles”. RadioScope New Zealand. 2008年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月17日閲覧。
  45. ^ Sveriges Officiella Toplista (Certifikat)”. Sverigetopplistan. 2011年7月8日閲覧。
  46. ^ Till the World Ends – Single by Britney Spears”. iTunesアップル. 2011年3月5日閲覧。
  47. ^ http://www.fmqb.com/Article.asp?id=69239#2011
  48. ^ Till The World Ends: Britney Spears: Amazon.de: MP3-Downloads”. Jive (2011年3月3日). 2011年3月5日閲覧。
  49. ^ http://www.amazon.de/Till-World-Ends-Britney-Spears/dp/B004TNZVQ2/