ティムール・ヴェルメシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ティムール・ヴェルメシュ
Frankfurter Buchmesse 2015 - Timur Vermes 2.JPG
誕生 1967年
ニュルンベルク
職業 ジャーナリスト作家翻訳家
言語 ドイツ語
国籍 ドイツの旗 ドイツ
最終学歴 エアランゲン・ニュルンベルク大学
代表作帰ってきたヒトラー
テンプレートを表示

ティムール・ヴェルメシュ: Timur Vermes1967年 - )は、ドイツジャーナリストで、作家翻訳家

生い立ち[編集]

ヴェルメシュは、1967年ニュルンベルクに生まれた[1]。母親はドイツ人で、父親は、ハンガリー動乱が失敗に終わった後の1956年に、ニュルンベルクへ逃れてきたハンガリー難民だった[1]

ヴェルメシュは、アビトゥーア受験後、エアランゲン・ニュルンベルク大学に入学し、歴史学政治学を専攻した[1]。その後、ミュンヘンアーベントツァイトゥングドイツ語版英語版や、ケルンエクスプレスドイツ語版英語版といったゴシップ新聞や、様々な雑誌で記者として働いた[1]

2009年にはゴーストライター業を始め[1]、いわゆる「犯行現場の掃除人」を扱った "Was vom Tode übrig bleibt" (意味:死から残ったもの)などの本を出版した。

2012年、ヴェルメシュは、自分の名前で書いた初の作品として『帰ってきたヒトラー"Er ist wieder da" を発表した。作品は社会風刺的スタイルで、1945年自殺したはずのアドルフ・ヒトラー2011年ベルリンに蘇り、数々のテレビ出演を経て、新たな信奉者を得ていくものである。フランクフルト・ブックフェアで発表されたあと、この本はシュピーゲル誌のベストセラーリストでトップに踊り出て、20週間その地位を維持した[2]クリストフ・マリア・ヘルプストドイツ語版の朗読によるオーディオブックも好評の売れ行きを記録した(尚ヘルプストは、2015年の映画版でゼンゼンブリンク役を演じている)[3][4]2012年9月以来、『帰ってきたヒトラー』は1,400万部以上の売れ行きを記録し(2015年7月時点)[要出典]、世界42の言語に翻訳されている[5][6]。作品はドイツ国内で、250万部を売り上げ[2]2013年12月には、コンスタンティン・フィルムMythos Film の共同制作で映画化されることが公表された[7][8]。映画は2015年10月8日にドイツで、2016年6月17日に日本で公開されている[9]

著作[編集]

小説[編集]

執筆記事[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e #『帰ってきたヒトラー』公式サイト - スタッフ
  2. ^ a b #映画パンフレット(2016), p.15
  3. ^ Er ist wieder da”. Sauerlandkurier (2012年12月5日). 2013年1月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年12月20日閲覧。(ドイツ語)
  4. ^ #『帰ってきたヒトラー』公式サイト - キャスト / #映画パンフレット(2016), p.8
  5. ^ 帰ってきたヒトラー:上”. 河出書房新社. 2016年12月20日閲覧。
  6. ^ #『帰ってきたヒトラー』公式サイト - About Movie
  7. ^ Constantin Film und Mythos Film verfilmen Timur Vermes' Bestseller-Satire ER IST WIEDER DA”. APA-Meldung vom 3 (2013年12月3日). 2016年12月20日閲覧。(ドイツ語)
  8. ^ Timur Vermes Millionen-Seller Er ist wieder da wird 2014 verfilmt”. buchmarkt.de (2013年6月28日). 2016年12月20日閲覧。(ドイツ語)
  9. ^ Er ist wieder da - releas info - インターネット・ムービー・データベース(英語)2016年12月20日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]