ティム・フェデロビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティム・フェデロビッチ
Tim Federowicz
Tim Federowicz 2013.jpg
ドジャース時代(2013年4月19日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州エリー
生年月日 (1987-08-05) 1987年8月5日(31歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 MLBドラフト7巡目
初出場 2011年9月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ティモシー・ジョゼフ・フェデロビッチTimothy Joseph "FedEx" Federowicz, 1987年8月5日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州エリー出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入りとレッドソックス傘下時代[編集]

2008年MLBドラフト7巡目(全体232位)でボストン・レッドソックスから指名され、7月7日に入団。契約後、傘下のA-級ローウェル・スピナーズ英語版でプロデビュー。36試合に出場して打率.244、1本塁打、15打点、10盗塁を記録した。

2009年はまずA級グリーンビル・ドライブ英語版でプレーし、55試合に出場して打率.345、10本塁打、34打点、1盗塁の成績を残した。6月にA+級セイラム・レッドソックスへ昇格。51試合に出場して打率.257、4本塁打、24打点、1盗塁を記録した。

2010年はA級セイラムでプレーし、109試合に出場して打率.253、4本塁打、61打点、1盗塁を記録した。

2011年はAA級ポートランド・シードッグスでプレーし、90試合に出場して打率.277、8本塁打、52打点、1盗塁を記録した。

ドジャース時代[編集]

2011年7月31日にレッドソックス、シアトル・マリナーズロサンゼルス・ドジャース間の三角トレードで、ドジャースへ移籍[1]。傘下のAAA級アルバカーキ・アイソトープスでプレーし、25試合に出場して打率.325、6本塁打、17打点を記録した。9月6日にメジャー初昇格を果たし、9月11日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビュー。8回裏から捕手の守備に就き、1打数無安打1三振だった。この年メジャーでは7試合に出場し、打率.154・13打数2安打1打点だった。

2012年はAAA級アルバカーキで開幕を迎え、115試合に出場。打率.294、11本塁打、76打点の成績で、9月1日にメジャー昇格[2]。4試合に出場した。オフにドミニカン・ウィンターリーグに参加し、ティグレス・デル・リセイに所属した。

2013年は開幕ロースター入りしたが、4月6日ラモン・ヘルナンデスが加入したためAAA級アルバカーキへ降格。4月17日クリス・カプアーノ故障者リスト入りしたため再昇格した[3]が、4月24日テッド・リリーが故障者リストから復帰したため再び降格[4]5月8日に再昇格し[5]5月19日にAAA級アルバカーキへ降格。5月30日に再昇格した[6]。この年は自己最多の56試合に出場して打率.231、4本塁打、16打点を記録した。

2014年、前年から30試合近く出場機会が減少し、打率・出塁率・長打率のいずれもが.200未満に終わり、極度の打撃不振に陥った。守備面では、22試合にマスクを被って盗塁阻止率43%、守備防御点 + 1という成績を記録した。

パドレス傘下時代[編集]

2014年12月18日ヤズマニ・グランダルジョー・ウィーランドザック・エフリンとのトレードで、マット・ケンプと共にサンディエゴ・パドレスへ移籍した[7]

2015年シーズンはメジャーでの出場はなく、8月1日DFAとなった[8]。オフの11月6日FAとなった。

カブス時代[編集]

2016年1月14日シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。開幕は傘下のAAA級アイオワ・カブスで迎えたが、4月28日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]6月17日にDFAとなり、6月27日に40人枠から外れる形でAAA級アイオワに降格した。9月6日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[10]。この年メジャーでは17試合に出場した。11月7日にFAとなった[11]

ジャイアンツ時代[編集]

2016年12月12日にジャイアンツとマイナー契約を結び、2017年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]

2017年は傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツで開幕を迎えたが、4月11日バスター・ポージーの7日間の故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[12]4月18日にポージーの復帰に伴ってDFAとなり、21日に40人枠から外れる形でAAA級サクラメントに降格した[11]。9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[13]。この年は13試合に出場して打率.231、2本塁打、3打点を記録した。オフの11月3日にFAとなった[11]

アストロズ時代[編集]

2017年12月11日ヒューストン・アストロズとマイナー契約を結び、2018年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[14]

2018年は開幕を傘下のAAA級フレズノ・グリズリーズで迎えた。5月29日ブライアン・マッキャンの10日間の故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15]6月8日にマッキャンの復帰に伴ってDFAとなり[16]、10日に40人枠から外れる形でAAA級フレズノに降格した。7月3日にマッキャンが再び故障者リスト入りしたため、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[17]7月26日マーティン・マルドナードの加入に伴ってDFAとなり[18]、30日にFAとなった[11]

レッズ時代[編集]

2018年8月2日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、翌3日にAAA級ルイビル・バッツへ配属された[11]9月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[19]。レギュラーシーズン終了後の10月3日に40人枠外となってAAA級ルイビルへ配属され[20]、同日中にFAとなった[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 LAD 7 16 13 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 2 0 1 4 0 .154 .313 .154 .467
2012 3 4 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .333 .500 .333 .833
2013 56 173 160 12 37 8 0 4 57 16 0 0 2 1 10 5 0 56 5 .231 .275 .356 .631
2014 23 78 71 2 8 3 0 1 14 5 0 0 2 1 3 0 1 18 3 .113 .158 .197 .355
2016 CHC 17 33 31 3 6 2 0 0 8 3 0 0 0 1 1 0 0 12 1 .194 .212 .258 .470
2017 SF 13 14 13 3 3 0 0 2 9 3 0 0 0 0 1 0 0 4 1 .231 .286 .692 .978
2018 HOU 10 35 34 4 7 3 0 0 10 2 0 0 0 0 1 0 0 13 1 .206 .229 .294 .523
CIN 5 7 6 1 2 1 0 1 6 2 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .333 .429 1.000 1.429
'18計 15 42 40 5 9 4 0 1 16 4 0 0 0 0 2 0 0 16 1 .225 .262 .400 .662
MLB:7年 134 360 331 25 66 17 0 8 107 32 0 0 4 3 20 5 2 112 11 .199 .247 .323 .570
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 31(2011年)
  • 52(2012年)
  • 18(2013年)
  • 26(2014年)
  • 15(2016年4月 - 6月)
  • 19(2016年9月 - 同年終了、2018年 - 同年7月25日)
  • 43(2017年)
  • 17(2018年9月8日 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ “Dodgers acquire three prospects from Boston” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2011年7月31日), http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110731&content_id=22592432&vkey=pr_la&fext=.jsp&c_id=la 2013年12月27日閲覧。 
  2. ^ “Dodgers recall Tim Federowicz and Javy Guerra, select contract of John Ely from Albuquerque” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2012年9月1日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/37718478/dodgers-recall-federowicz-and-guerra-select-ely/ 2016年9月6日閲覧。 
  3. ^ “Dodgers place Capuano on the DL, recall Federowicz” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年4月17日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/45070182/dodgers-place-capuano-on-dl-recall-federowicz/ 2016年9月6日閲覧。 
  4. ^ “Dodgers reinstate Lilly from the DL, option Federowicz” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2016年9月6日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/45687856/dodgers-reinstate-lilly-from-the-dl-option-federowicz/ 2013年12月27日閲覧。 
  5. ^ “Dodgers recall Tim Federowicz, option Justin Sellers” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年5月8日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/46991256/dodgers-recall-federowicz-option-sellers/ 2016年9月6日閲覧。 
  6. ^ “Dodgers place Matt Kemp on the disabled list; recall Tim Federowicz” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年5月30日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/49114202/dodgers-place-kemp-on-dl-recall-federowicz/ 2016年9月6日閲覧。 
  7. ^ “Padres acquire OF Matt Kemp, C Tim Federowicz and cash considerations in five-player trade with Los Angeles Dodgers” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年12月19日), http://m.padres.mlb.com/news/article/104465314/padres-acquire-of-matt-kemp-c-tim-federowicz-and-cash-in-trade-with-dodgers 2015年1月8日閲覧。 
  8. ^ Marty Gitlin (2015年8月1日). “Padres promote SP Leonel Campos, DFA C Tim Federowicz” (英語). CBSSports.com. http://www.cbssports.com/mlb/news/padres-promote-sp-leonel-campos-dfa-c-tim-federowicz/ 2016年9月6日閲覧。 
  9. ^ Mark Gonzales (2016年4月28日). “Cubs place Miguel Montero on DL; Willson Contreras remains in Iowa” (英語). Chicago Tribune. 2016年5月16日閲覧。
  10. ^ Carrie Muskat (2016年9月6日). “Federowicz: Options for Cubs with 3 catchers” (英語). MLB.com. 2016年9月7日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g MLB公式プロフィール参照。2018年10月18日閲覧。
  12. ^ Posey placed on 7-day concussion DL” (英語). MLB.com (2017年4月10日). 2017年4月11日閲覧。
  13. ^ Jonathan Hawthorne (2017年9月1日). “Giants bring up four players as rosters expand” (英語). MLB.com. 2017年9月3日閲覧。
  14. ^ Brian McTaggart (2017年12月11日). “Astros ink Federowicz, Ramsey to Minors pacts” (英語). MLB.com. 2018年1月2日閲覧。
  15. ^ Brian McTaggart (2018年5月29日). “Astros place McCann on DL; Federowicz up” (英語). MLB.com. 2018年6月3日閲覧。
  16. ^ Alyson Footer (2018年6月8日). “McCann off DL; Astros designate Federowicz” (英語). MLB.com. 2018年6月9日閲覧。
  17. ^ Brian McTaggart (2018年7月4日). “Astros' McCann has surgery; Stassi day to day” (英語). MLB.com. 2018年7月4日閲覧。
  18. ^ Brian McTaggart (2018年7月26日). “Astros acquire Maldonado from Angels” (英語). MLB.com. 2018年7月29日閲覧。
  19. ^ Mason Wittner (2018年9月4日). “Barnhart honored to be Clemente Award finalist” (英語). MLB.com. 2018年9月6日閲覧。
  20. ^ Steve Adams (2018年10月3日). “Reds Outright Gabriel Guerrero, Tim Federowicz” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年10月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]