ティファニー・ジュノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティファニー・ジュノ
基本情報
階級 ウェルター級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1979-03-30) 1979年3月30日(38歳)[1]
出身地 ルイジアナ州ニューオーリンズ[2]
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 11
KO勝ち 6
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

ティファニー・ジュノ英語: Tiffany Junot1979年3月30日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロボクサーである。ルイジアナ州ニューオーリンズ出身。フランス系アメリカ人[2]。前WBC女子世界スーパーウェルター級王者

来歴[編集]

2002年にジェームス・ジョセフボクシングクラブでボクシングを始め、2003年にゴールデングローブ優勝[2]2005年世界女子選手権にも出場するが、初戦敗退[3]

2006年7月28日、Lauren Owensに2回TKOでプロデビュー。しかし、2戦目はDominga Olivoに敗戦。

その後は3連勝したが、2008年11月20日、中村千香に敗れる。

2010年4月29日、Kita Watkinsとテキサス州女子スーパーライト級王座を争い、王座奪取。

2011年7月16日、Kuulei Kupiheaに3敗目。

2012年11月10日、ミア・セント・ジョンが持つWBC女子世界スーパーウェルター級王座に挑戦し、3-0判定で番狂わせを演じタイトル奪取。

戦績[編集]

  • 15戦 11勝 6KO 3敗 1分け

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tiffany Junot”. Boxrec. 2013年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c Tiffany Junot”. WBAN. 2013年1月14日閲覧。
  3. ^ International Boxing Association 3rd AIBA World Women’s Boxing Championship (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ミア・セント・ジョン
第4代WBC女子世界スーパーウェルター級王者

2012年11月10日 - 2013年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ミカエラ・ローレン