ティニー・ティム (ロケット弾)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tiny Tim rocket
Tiny tim ar.GIF
ティニー・ティムを射出するSB2Cヘルダイバー。
種類 ロケット弾
原開発国 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1944年から1951年
配備先 アメリカ海軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦朝鮮戦争
開発史
開発者 カリフォルニア工科大学チャイナレイク海軍兵器試験場
開発期間 1944年
諸元
重量 583kg
全長 3.12m
全幅 91cm

初速 245.8m/s
最大射程 1,500m

ティニー・ティムは、第二次世界大戦の終了間際にアメリカ合衆国で使用された大型空対地ロケット弾である。文献の一つによればこのロケットは、アメリカ海軍が、艦船の対空攻撃の射程外からこれらを攻撃できる性能の対艦ロケットを要求し、それに応えたものであると述べている。そのペイロードは大型の艦船を撃沈できるものとされた[1]。しかしながら、チャイナレイク兵器摘要による言及では[2]、ティニー・ティムは

... designed by the Caltech-China Lake team as a bunker-buster, Tim was the first large aircraft rocket, and, although it saw only limited service in WWII, it helped form the foundations of many postwar developments in rocketry. 「……カリフォルニア工科大学のチャイナレイク・チームによりバンカーバスターとして設計され、ティニー・ティムは最初の航空機用大型ロケットであった。また、本ロケットは第二次世界大戦中に限定された用途にのみ使用されたとはいえ、戦後、数多くのロケット開発の基礎を形作る助けとなった。」

ティニー・ティムの弾頭には500ポンド(約225kg)の半徹甲・高性能爆弾が搭載された。このロケットの最大射程は1,640ヤード(1,500m)である。

これらは戦争終結が近かった沖縄戦のさなかに、アメリカ海軍の艦載機アメリカ海兵隊の航空機に搭載され、また朝鮮戦争にも投入された。問題が一つあり、ロケットモーターの絶大な力により、射出する母機が損傷を負った。これはテイニー・ティムを爆弾のように投下状態におき、そしてロケットに取り付けられた索が切断され、ロケットに点火することで解決された[3]。通常、目標には沿岸防御砲台、建築物、橋梁、トーチカ、戦車、そして艦船が含まれた[4]クロスボー作戦の一環として、ドイツV-1発射基地に対しティニー・ティムを用いる野心的な作戦が立案され、「ダニー計画」とコードネームを付けられたものの、任命された部隊がヨーロッパへ配置される前に作戦が中止となった。

第二次世界大戦中、一般にティニー・ティムは、F4UコルセアF6FヘルキャットTBMアベンジャー、またSB2Cヘルダイバーを含む航空機に搭載された[5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Parsch, A: "Caltech/NOTS", paragraph 1, "Designation-Systems.Net", 13 July 2004.
  2. ^ China Lake Weapons Digest”. 2012年1月13日閲覧。
  3. ^ Slover, G: "Chapter-11-C, 11C3. Suspension and launching of aircraft rockets", "Gene Slover".
  4. ^ Smithsonian National Air & Space Museum: "Missile, Air-to-Surface, Tiny Tim", "National Air & Space Museum", 2005.
  5. ^ Parsch, A: "Caltech/NOTS", paragraph 3, "Designation-Systems.Net", 13 July 2004.