ティシット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ティシット (Tichit, تيشيت) は、モーリタニア東部のタガン高地 (Tagant) の麓にある町。建造されたのは1150年頃のことであり、独自の建築様式で知られる。現在のティシットの主産業はナツメヤシの栽培である。

町には博物館もある。

クサール(複数形はクスール)と呼ばれる伝統的集落の一角は、「ウアダン、シンゲッティ、ティシット、ウアラタの古いクスール」としてユネスコ世界遺産に登録されている。

関連項目[編集]