ツービート in 横浜アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツービート in 横浜アリーナ
星野源ライブ・ビデオ
リリース
録音 2014年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間12位オリコン
  • 登場回数50回(オリコン)
星野源 年表
STRANGER IN BUDOKAN
(2014年)
ツービート in 横浜アリーナ
(2015年)
Live Tour “YELLOW VOYAGE”
(2016年)
テンプレートを表示

ツービート in 横浜アリーナ』は、2015年3月25日に発売された、星野源の2枚目の映像作品。

概要[編集]

星野源2014年12月16日、17日に神奈川・横浜アリーナで行われた初単独公演「星野源 横浜アリーナ2Days『ツービート』」の模様をDVD・Blu-ray化。 12月16日に行われた「弾き語りDay」、12月17日に行われた「バンドDay」をそれぞれ1枚に収録した2枚組。

収録内容[編集]

DISC1[編集]

「ツービート/弾き語りDAY」

  1. 歌を歌うときは
  2. ギャグ
  3. 化物
  4. くせのうた
  5. レコードノイズ
  6. フィルム
  7. くだらないの中に
  8. 穴を掘る
  9. Night Troop
  10. 地獄でなぜ悪い
  11. ひらめき
  12. 冬越え細野晴臣
  13. 透明少女(NUMBER GIRL
  14. 老夫婦
  15. さすらい奥田民生
  16. MOTHER
  17. 愛のせい
  18. 桜の森
  19. ワークソング
  20. 夢の外へ
  21. ばらばら
    ENCORE
  22. Crazy Crazy
  23. Stranger

DISC2[編集]

「ツービート/バンドDAY」
 +ドキュメンタリー

  1. デイジーお味噌汁(Instrumental)
  2. ギャグ
  3. 化物
  4. 穴を掘る
  5. もしも
  6. ステップ
  7. Night Troop
  8. くせのうた
  9. 未来
  10. くだらないの中に
  11. ひらめき
  12. スカート
  13. 老夫婦
  14. 愛のせい
  15. さようならのうみ(Instrumental)
  16. レコードノイズ
  17. ワークソング
  18. 兄妹
  19. 地獄でなぜ悪い
  20. 夢の外へ
  21. 桜の森
    ENCORE
  22. 君は薔薇より美しい(布施明
  23. Crazy Crazy

ドキュメンタリー『横浜の星~アリーナ史上初の奇跡~』

※DISC1, DISC2 共に、星野源とスタッフによるオーディオコメンタリー収録

初回生産限定盤特典[編集]

(Blu-ray・DVD共通)

  • ブックレット「TWO BEAT IN YOKOHAMA ARENA BOOK」
    ・星野源、ニセ明より皆さんへのメッセージ
    ・横浜アリーナ公演を振り返る星野源 最新インタビュー
    ・解説「横浜アリーナを満たした奇跡と軌跡」
    ・当日のリハーサル、ステージ裏をおさめたオフショット集

星野源 横浜アリーナ2Days「ツービート」[編集]

星野源 横浜アリーナ2Days「ツービート」
星野源 の ツアー
初日 2014年12月16日
最終日 2014年12月17日
公演数 2
星野源 ツアー 年表
星野源の復活アアアアア!
(2014年)
星野源 横浜アリーナ2Days「ツービート」
(2014年)
星野源のひとりエッジ in 武道館
(2015年)

星野源 横浜アリーナ2Days「ツービート」』は、星野源2014年12月16日、17日に開催した初の横浜アリーナ公演。 初日は「ツービート/弾き語りDay」、2日目は「ツービート/バンドDay」と題され、それぞれ異なった編成で開催された。
1日目の弾き語りDayには、奥田民生、小林創、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、ピエール中野(凛として時雨)、長岡亮介(ペトロールズ)が登場した。
2日目のバンドDayは、星野を含む6人編成のバンドに、ストリングス、ホーンセクションが加わり、最大で約20人の編成で行われた。

セットリスト[編集]

外部リンク[編集]

12/16 弾き語りDayライブレポート(ro69)
12/17 バンドDayライブレポート(ro69)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]