ツルツゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツルツゲ
Ilex rugosa 1.JPG
山形県西吾妻山(雄花) 2011年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ニシキギ目 Celastrales
: モチノキ科 Aquifoliaceae
: モチノキ属 Ilex
: ツルツゲ I. rugosa
学名
Ilex rugosa F.Schmidt
シノニム

本文記載

和名
ツルツゲ(蔓黄楊)

ツルツゲ(蔓黄楊、学名:Ilex rugosa)は、モチノキ科モチノキ属常緑低木高山植物

特徴[編集]

針葉樹林内の林床を這い、長さ20-50cmになる。には稜があり、毛状の細点がある。は、長さ2-4mmの葉柄をもって互生する。葉身は厚く、長さ1.5-4cm、幅0.5-1.3cm、形は狭長楕円形から長楕円形で、先端はややとがり、基部は鋭形になる。両面無毛で、縁にあらい鋸歯があり、表面の脈はくぼみ、しわがみられ、裏面の脈は隆起する。

花期は6-8月、雌雄異株雄花雌花とも緑色がかった白色の4弁花を咲かせる。雄花序は1-5個の花を集散状につけ、雌花序は1-3個の花が葉腋につく。果実は径6mmの球状に赤熟し、4個の種子がある。

種小名の rugosa は、「しわの多い」の意味。

分布と生育環境[編集]

本州の東北地方、関東地方、中部地方に分布し、亜高山帯、高山帯の針葉樹林内に生育する。

シノニム[編集]

  • Ilex rugosa F.Schmidt var. vegeta H.Hara
  • Ilex rugosa F.Schmidt var. hondoensis T.Yamaz.
  • Ilex rugosa F.Schmidt f. vegeta (H.Hara) H.Hara

下位分類[編集]

  • エゾツルツゲ(マルバツルツゲ) Ilex rugosa F.Schmidt var. rugosa -葉が大きく、北海道、千島南部、樺太に分布する。YListでは標準名としては削除されている[1]
  • ホソバツルツゲ Ilex rugosa F.Schmidt var. stenophylla (Koidz.) Sugim.-葉が細く、中部地方南部、紀伊半島、四国に分布し、中部地方中部、東北地方南部にも分布する。ツルツゲとの中間型もみられる。基本種と区別しない考えもある。
  • オオツルツゲ Ilex × makinoi H.Hara -ツルツゲヒメモチとの雑種と考えられ、ツルツゲと比べ全体に大型で、東北地方にまれに見られる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]