ツリフネソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツリフネソウ科
Tsurifuneso 06d0142csv.jpg
ツリフネソウ(Impatiens textorii
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウロソウ目 Geraniales
: ツリフネソウ科 Balsaminaceae
  • 本文参照

ツリフネソウ科(つりふねそうか、学名:Balsaminaceae)は双子葉植物に属する科。4属、約600種を含むが、ほとんどはツリフネソウ属に属する。

特徴[編集]

やや多肉で多汁な草本。は左右相称で多くは距がある。がく片は5枚または3枚で花弁同様に着色するものが多い。花弁は5枚または一部癒合して3枚。雄蕊と心皮は5。果実はさく果(熟すと勢いよく弾ける)が多く、一部は分果、液果。

ユーラシアアフリカ北アメリカ熱帯から温帯に分布し、熱帯アフリカや東南アジアに多い。

日本にはツリフネソウキツリフネハガクレツリフネの3種が自生し、ホウセンカや同属の園芸種(インパチェンス、アフリカホウセンカなどと呼ばれる)が栽培される。

クロンキスト体系では形態に基づきフウロソウ目に入れているが、APG分類体系ではツツジ目としている。

[編集]