ツヨプセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツヨプセン
識別情報
CAS登録番号 470-40-6
PubChem 442402
ChemSpider 390845
J-GLOBAL ID 200907087258451102
特性
化学式 C15H24
モル質量 204.35 g mol−1
密度 0.936 g/mL (20 °C)[1]
沸点

258-260 °C[1]

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ツヨプセン(慣用名、thujopsene)またはツジョプセンは、分子式C15H24セスキテルペンに分類される天然有機化合物である。

ツヨプセンは様々な針葉樹[2]、特にCanary Islands juniper(カナリア諸島ネズJuniperus cedrus)やアスナロThujopsis dolabrata)の精油に多く含まれ、これらの樹木の心材の重量のおよそ2.2%を占める[3]

生合成[編集]

ツヨプセンはファルネシルピロリン酸 (FPP) から生合成される[4]

ThujopseneBiosynthesis.png

脚注[編集]

  1. ^ a b (−)-Thujopsene”. Sigma-Aldrich. 2014年9月30日閲覧。
  2. ^ Erdtman, H.; Norin, T. (1960). “Structure of thujopsene and hinokiic acid from coniferous wood”. Chemistry and Industry (22): 622–623. 
  3. ^ Runeburg, Jarl; Gramstad, Thor; Larsson, Lennart; Dodson, R. M. (1960). “The Chemistry of the Natural Order Cupressales XXX. Constituents of Juniperus cedrus L.”. Acta Chemica Scandinavica 14: 1991–1994. doi:10.3891/acta.chem.scand.14-1991. 
  4. ^ J. Mann et al. Natural Products: their chemistry and biological significance. ISBN 978-0582060098.