ツマンスキー R-29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
R-29-300

ツマンスキー R-29は1970年代初頭にツマンスキー設計局によって開発されたソビエト連邦の航空用ターボジェットエンジンである[1]。高推力重量比で空冷式タービンブレードが採用された全体的に"第3世代"のソビエト製ガスタービンエンジンとして記述される[2]

派生型[編集]

R-29-300
原型はMiG-23MFとその派生機種に使用された。[3]
R-29B-200
MiG-27用に単純化されたエンジン[3]
R-29PN
先進的な派生型で非輸出型の-300によって換装された[3]
R-29BS-300
ギアボックスを改良したモデル。輸出型のSu-17(Su-22)に使用された[3]
R-29T-300
Su-24の試作機T6-8DにAL-21Fの代わりに搭載されたエンジン。飛行特性が悪かったことから採用されず[4]
WP-15
中国でのデッドコピー型。中国は1978年8月にエジプト空軍J-6J-7戦闘機を友好価格(当時それぞれ僅か100万USドル)で売却した見返りにMiG-23MSを受領した。1979年3月10日機体の分析と並行して同機が搭載していたR-29エンジンをリバースエンジニアリング方式によって国産化し、搭載することが可能であるかの研究を601研究所に命じた。検討の結果開発が難航していたWS-6よりも搭載する機体(殲撃13/J-13)の性能が向上し、実用化の面でも確実であると推測されたことから、1980年5月に正式にJ-13のエンジンとして選択された。しかし、信頼性に関する問題が解決できず、1981年3月に機体ともども開発は中止された[5]

搭載機[編集]

仕様諸元[編集]

一般的特性

構成要素

  • 圧縮機: 低圧5段、高圧6段 (軸流式)
  • 燃焼器: アニュラ型
  • タービン: 高圧2段、低圧1段

性能

出典: Gunston


関連項目[編集]

類似のエンジン

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gunston 1989, p. 168.
  2. ^ Sosounov, V.A. (1990). The Development of Aircraft Power Plant Construction in the USSR and the 60th Anniversary of CIAM. AlAA/ASME/SAE/ASEE 26th Joint Propulsion Conference, July 16–18, 1990. Orlando, Florida. AIAA-90-2761.
  3. ^ a b c d TMKB Soyuz R29-300 (subscription required). Janes Aero Engines. Edited: 1 April 2010. Retrieved: 8 September 2010.
  4. ^ Suchoj Su-24 (‘Fencer A/B/C’) / T-6
  5. ^ J-13戦闘機(殲撃13)

文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopaedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9