ツノトカゲ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツノトカゲ科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
: ツノトカゲ科 Phrynosomatidae
学名
Phrynosomatidae

ツノトカゲ科 (Phrynosomatidae) は、有鱗目イグアナ下目の1科である。広義のイグアナ科内のツノトカゲ亜科 (Phrynosomanidae) またはまれにハリトカゲ亜科 (Sceloporinae) とすることもあるが、近年は独立科とすることが多い。

新大陸固有のため日本で馴染み深い種はないが、ペット用として輸入されている。

分布[編集]

北米大陸のうち、カナダ南部からアメリカ合衆国中央アメリカパナマまで。

特徴[編集]

ほとんどは体長10センチメートル以内の小さなトカゲ

の断面は丸いか上下に扁平。

卵生。(他のイグアナ下目には卵胎生の種もいる)

分類[編集]

9-10属、約120種が属する。

分子・系統双方の系統解析で、ツノトカゲ科の単系統性は強く支持されている。

画像[編集]