ツネイシスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツネイシスタジアム
Mirokunosato basuball park.JPG
バックスクリーン(改修前)
施設データ
所在地 広島県福山市藤江町638-1
座標 北緯34度25分9秒 東経133度18分0.8秒 / 北緯34.41917度 東経133.300222度 / 34.41917; 133.300222座標: 北緯34度25分9秒 東経133度18分0.8秒 / 北緯34.41917度 東経133.300222度 / 34.41917; 133.300222
所有者 ツネイシホールディングス
グラウンド 内野 - 土
外野 - 天然芝
使用チーム • 開催試合
ウエスタン・リーグ公式戦(1979-1995)
ツネイシブルーパイレーツ
収容能力
約1000人
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 93m
中堅 - 121m

ツネイシスタジアムは、広島県福山市藤江町のレジャー施設「みろくの里」にある野球場。旧称・みろくの里神勝寺球場(みろくのさと・しんしょうじきゅうじょう)。

歴史[編集]

「みろくの里」を所有するツネイシLRが所有・管理する野球場で、屋内ブルペン・室内練習場・サブグラウンド・更衣室などの練習施設が併設されている。旧称の「神勝寺球場」は、みろくの里敷地内にある臨済宗建仁寺派の寺院・神勝寺に由来する。

1979年から1992年まで広島東洋カープ二軍本拠地として使用され、ウエスタン・リーグ公式戦などを開催していたが、二軍の合宿所である大野寮からの移動が負担となり、開催数が徐々に減少。晩年は年間14試合程度を開催するにとどまった。1993年由宇球場が完成し、由宇球場へ本拠地を移転した後はさらに開催数が減少、1995年を最後にウエスタンの開催がなくなった。また、昭和時代末期には阪急ブレーブス秋季キャンプに使用していた。

2011年に球場名を現名称に変更し、フルカラーLED方式の電光掲示板が導入された。現在は、ツネイシホールディングスの所管する社会人野球チーム「ツネイシブルーパイレーツ」のホームグラウンドとして利用されているが、みろくの里のウェブサイトからツネイシスタジアムの記述がなくなっており、一般利用は想定されていない。

なお、みろくの里には人工芝サッカー場などを軸とした宿泊研修施設「ツネイシしまなみビレッジ」が建設されたが、ツネイシスタジアムはこれらとは別施設として管理されている。

施設概要[編集]

  • 両翼93m、中堅121m
  • 内野:土、外野:天然芝
  • 収容人数:1,000人
    • ネット裏管理棟とダッグアウトの間にテーブル席[個別座席(背もたれあり)及びベンチ席(背もたれあり)]と個別座席(背もたれなし)、ダッグアウトとポールの間に内野スタンド[ベンチ席]が設けられている。
    • 内野スタンドの板張り床は広島の二軍本拠地として使用されていた当時のまま変わっていない。
    • ネット裏メインスタンドと外野スタンドは設けられていない。
  • 照明設備:一塁側 三塁側両スタンド裏に2基ずつ設置(2017~)
  • スコアボード:フルカラーLED式電光掲示板(2011年~)
    • 2010年まではパネル式であった。
  • ネット裏管理棟向かいに室内練習場がある。
  • ネット裏に男子トイレ、球場外(レフト後方)に女子トイレがある。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]