ツゲモドキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツゲモドキ科
Tree I IMG 3274.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosid I
: キントラノオ目 Malpighiales
: ツゲモドキ科 Putranjivaceae
学名
Putranjivaceae Endl. 1841
和名
ツゲモドキ科

ツゲモドキ科(ツゲモドキか、学名Putranjivaceae)は、双子葉植物で、APG植物分類体系で採用される。従来の分類ではトウダイグサ科コミカンソウ亜科ツゲモドキ連(一部の種を除く)とされていたが、トウダイグサ科やコミカンソウ科とは系統が異なるとされ分離された。

4200ほどが世界の熱帯に広く分布する。日本には南西諸島ツゲモドキ小笠原諸島ハツバキの2種がある。常緑木本で、は雌雄別、花弁はない。またカラシ油配糖体を含む(アブラナ目以外では例外的な性質である)。