ツェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツェルト:Zeltsackの略称)とは、登山用の小型軽量テントで、底が開くようになった三角形のテントである。

概要[編集]

不慮の幕営ビバーク)に使用したり、装備の軽量化のために計画的に使用したりする。ビバークテントともいい、小さくて持ち運びに便利で防水加工されていることから、本格的でない山行で愛用するものもいる。

元々は底もマチもない単純な袋状で、悪天候の中でキャンプに帰り着けない場合に一夜をしのぐために頭から被ったり体に巻きつけて使用するものだったが、現在の製品はポール等と組み合わせ、あるいは立木を利用することで通常のテントと同様に設営できるものが多い。

通常のテントに比べて快適性に劣るが、ある程度の夜露を防ぎ、外気を遮断することができる。しかし緊急用と割り切られ軽量を目指した商品が多く、15~30デニールと非常に生地が薄い。強い雨では雨水の浸潤を防げない場合がある。他にも通気のためのベンチレーターは必ずしも付いていないので、必要であれば購入前にこれらの確認が必要である。

関連項目[編集]