ツェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ツェルトとは、登山用の小型軽量テントである。本来英語の「テント」と同義であるドイツ語の「ツェルトザック」(Zeltsack )の略であるが、日本では極めて簡易にしたテントを通常のテントと区別して呼称する[1]

小型軽量であるため、どのような山行でも習慣的に携行すべき装備であり[1][2]、例えば予期しないビバークに追い込まれその上天候が悪化した場合など、実に頼もしい存在となる[1]。両側にあるベンチレーターロープを通し立木などに結んで張る[3]、横倒しにして収容人数を増す[3]、など多様な使用法がある。急なビバークの際にはツェルトを被るだけ[4]や包まるだけ[3]でも使用でき[3]、その際にはベンチレーターから顔を出せば周囲の様子を見渡せることができ[4][3]、中で傘をさせば空間を確保できる[3]

装備の軽量化のために通常のテントの代わりに計画的に使用し行動範囲を広げる者もいる[1]

底面を開放してタープ[4]としたり、排泄などの際に地面に穴を掘った上で目隠しのため被る[2]などにも使える。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『山への挑戦』pp.187-208「登山道具は語る(テント)」。
  2. ^ a b 『山の道具Q&A』pp.82-83。
  3. ^ a b c d e f 『IBS石井スポーツ2004-2005MOUNTAINEERING AND OUTDOOR EQUIPMENT』p.34「ツェルト・コンパクトタープ」。
  4. ^ a b c 『モンベル2014Gear Catalogue』pp.26-49「テント」。

参考文献[編集]