ツウィ謝罪事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ツウィ謝罪事件(ツウィしゃざいじけん)とは、2015年11月21日韓国のテレビ番組の企画で、人気女性アイドルグループTWICE台湾人メンバーツウィ(当時16歳)が、中華民国の国旗を手にしたことに端を発する中国からのバッシングに対し、2016年1月15日に謝罪に追い込まれた事件である[1]台湾では大きな波紋を呼び、同年1月16日に実施された台湾総統選挙に影響を与えた[2]

経緯[編集]

  • 2015年
    • 11月21日、MBC「マイ・リトル・テレビジョン」のインターネット生配信に、TWICEの外国人メンバー4人(ツウィ・モモ・サナ・ミナ)が出演[3]。ツウィが中華民国国旗と太極旗、日本人の3人が日章旗と太極旗をそれぞれ持つ演出がなされる。地上波の本放送では、この場面はカットされた。
    • 23日、台湾のメディアで好意的に報道される。同日、中国北京市在住の親中派台湾人男性歌手黄安(ホアン・アン)が、新浪微博に画像付きで批判文を投稿。
  • 2016年
    • 1月6日、中国のテレビ局安徽衛視が、春節に行われるイベント番組「春晚」(2月5日放送)へのTWICEの出演を発表する。
    • 7日、北京電視台の「環球春晚」(2月6日放送)へのGOT7とTWICEの出演が公表される。
    • 8日、黄が「周子瑜は台湾独立派である」「一つの中国を認めよ」との抗議文を複数投稿し、中国でツウィへのバッシングが起こる[4]。所属事務所JYPエンターテインメント関連のデマが拡散される。
    • 9日〜12日、「環球春晚」の公式サイトからTWICEの記事と画像が削除される[5]。GOT7とTWICEが北京市で同番組収録[6]。GOT7ジャクソンの中国での収録がキャンセルされる。
    • 13日、JYPが公式新浪微博でデマによる被害声明を出し、沈静化するまでツウィの中国での活動を全面自粛すると発表[7]。安徽衛視「春晚」の降板が決定[8]
    • 14日、JYPが「一つの中国」を尊重する声明を発表[9]。台湾の中国国民党主席朱立倫民主進歩党主席蔡英文親民党主席宋楚瑜が相次いでツウィの支持を表明[4]
    • 15日、JYPに所属する2PMの中国イベント出演がキャンセル。LGU +がツウィ出演CMの中止を決定[4]。15日深夜、JYP公式YouTubeでツウィの謝罪映像を公開。JYPが公式サイトに謝罪文を掲載。
    • 16日、台湾総統選挙で民主進歩党の蔡英文が2倍近い票を得て圧勝した。

ツウィの謝罪文[編集]

大家好、我有話想對大家說。大家好、我是周子瑜、對不起、應該早些出來道歉、因為不知道如何面對現在的情況、一直不敢直接面對大家、所以現在才站出來。中國只有一個、海峽兩岸是一體的、我始終為自己是一個中國人而感到驕傲。我做為一個中國人在國外活動時、由於言行上過失、對公司對兩岸網友的情感造成了傷害、我感到非常非常地抱歉、也很愧疚、我決定中止目前中國的一切活動、認真反省。再次再次地向大家道歉、對不起。 — 周子瑜[10]

日本語訳:

こんにちは、私から皆さんにお話ししたいことがあります。こんにちは、私はツウィです。申し訳ありません。もっと早く私から直接、謝罪すべきであったのに、どうやって今の状況に直面して良いか分からず、今になって謝罪することになりました。中国は一つしかなく、海峡両岸(台湾海峡を隔てた中国大陸と台湾の事)は一つであり、私は中国人であることをいつも誇りに思っています。中国人として国外で活動しながら、私の発言と行動の過ちで、事務所や両岸のネットユーザーを傷つけ、非常に申し訳ないと思っています。皆さんにお詫びし、中国での活動を中止し、過ちを反省します。もう一度、もう一度、皆さんにお詫び致します。申し訳ありません[2]

その他[編集]

  • ボーカロイド心華による楽曲『十六歲的女孩不懂大人世界的暴力(日本語訳:16歳の少女は大人社会の暴力を理解できない)』は、この事件を題材にしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]