ツィンバロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cimbalom-Bohak-1.jpg

ツィンバロムハンガリー語:cimbalom)は、ハンガリーを中心とする中欧東欧地域で見られる大型の打弦楽器。多くのものは39コース以上の弦、4オクターブ以上の音域を持つ。チンバロンツィンバロンなどの表記も多く用いられる(ツィンバロムは日本打弦楽器協会[1]推奨表記)。ロマの音楽で多く用いられる他、コダーイストラヴィンスキークルターグ・ジェルジなどの近現代の作曲家にもしばしば用いられている。コダーイがオペラから編んだ組曲『ハーリ・ヤーノシュ』(第3曲、第5曲でソロ的に扱われる)が特に有名で、しばしば演奏される。

外形的には、彫刻を施されたクラシックな雰囲気のものが多いが、最近では装飾を一切廃した楽器なども作られるようになってきている。メーカーとしては、Bohak の評価が高く、近年では Bohak から独立した Kosmos の工房の楽器の評価があがってきている。

メーカー[編集]

  • Bohák
  • Kozmosz
  • Schunda
  • Vsiansky[2]

ツィンバロムを用いた楽曲[編集]

  (オペレッタの上演では、しばしば(ハンガリー、オーストリア国外では)ツィンバロムを省略、またはハープなどで代用することが多い。

演奏家[編集]




関連項目[編集]

外部リンク[編集]