ツィンテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ツィンテル
メンバー 倉沢学
勢登健雄
結成年 2008年
解散年 2015年
事務所 マセキ芸能社
活動時期 2008年 - 2015年
現在の活動状況 解散(倉沢は俳優、勢登はピンで活動)
芸種 コント
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 なし
公式サイト マセキ芸能社によるプロフィール
テンプレートを表示

ツィンテルは、かつてマセキ芸能社に所属していたお笑いコンビ

メンバー[編集]

趣味は服を安く買う事、目的地までの最短距離を調べる事、特技はシンガーソングライティング(作詞作曲)、能登弁。
コンビ解散後はピン芸人「せとたけお」として活動。
趣味はドラマや映画のシーンの完全コピー。留学経験者で特技は英会話。
コンビ解散後は俳優へ転身。

概要[編集]

キングオブコントでは5年連続準決勝進出。[1]

元々は小島フェニックス、かあきじいんず、伊藤大輔の5人組で俳優として活動していた。その後、勢登と倉沢の二人でお笑い芸人「ツィンテル」として活動し始める。

主に俳優経験を活かしたコント。持ちネタには、会話の中にイタリア料理韓国料理お酒などの名前を盛り込んだものがある。

コントが始まってから、勢登(ネタによっては倉沢)が途中で「コント、○○」と題名を言う。

ボケ・ツッコミの役割は決まってはおらず、ネタによって異なる。

2013年5月3日、球磨焼酎大使に任命。

2015年12月14日、マセキ芸能社のライブ「ライラックブルー」において、浜口浜村とともに解散を発表した[2]

出演[編集]

TV[編集]

舞台[編集]

  • ルーレット (2007年2月3,4日)
  • ループ (2007年7月14-16日)
  • せとたけお (2007年10月6,7日)
  • だぶだぶ (2008年2月1-3日)
  • WAVE (2008年8月30日-9月1日)
  • 石川五人囃子 (2008年11月1,2日)
  • 女鼠小僧笑譚 (2013年5月9-12日)

ライブ[編集]

  • マセキ芸能社 パンキッシュガーデン(ライジングオレンジ、ライラックブルー他)
  • ラ・ママ 新人コント大会
  • 若武者(K-PRO主催)
  • トッパレ(K-PRO主催)

他 多数

単独ライブ[編集]

  • ツィンテル単独ライブ「ライブ、芝居じみてる男たち」(2010年8月22日、新宿シアターモリエール)
  • ツィンテル第2回単独ライブ「ライブ、寒さ知らずな男たち」(2011年8月19日、新宿シアターモリエール)
  • ツィンテル第3回単独ライブ「アンチエイジング」(2012年8月17,18日、ウッディーシアター中目黒)
  • ツィンテル第4回単独ライブ「テスト」(2013年6月29日、新宿シアターモリエール)
  • ツィンテル第5回単独ライブ「FAKE」(2014年7月17-19日、東京・劇場HOPE)
  • ツィンテル第6回単独ライブ「ぼくらのバックグラウンドミュージック」(2015年7月18,19日、東京・劇場MOMO)

DVD[編集]

インターネット[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]