ツァルカ貯水池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツァルカ貯水池
Tsalka Reservoir 1.jpg
ツァルカ貯水池
所在地 ジョージア
クヴェモ・カルトリ州
ツァルカ基礎自治体
集水域面積 1,060 km2 (410 sq mi)
面積 33.7 km2 (13.0 sq mi)
最大水深 25 m (82 ft)
平均水深 9.3 m (31 ft)
貯水量 312 m3 (0.253 acre·ft)
水面の標高 1,506 m (4,941 ft)
湖沼型 ため池
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

ツァルカ貯水池(ツァルカちょすいち、グルジア語: წალკის წყალსაცავიグルジア語ラテン翻字: Tsalkis Tsqalsatsavi)は、ジョージアクヴェモ・カルトリ州ツァルカ基礎自治体グルジア語版にある、ジョージア最大の貯水池フラミ川上流の峡谷にあり、水面の標高は1,506メートルである。面積は33.7平方キロメートル、集水域面積は1,060平方キロメートル。貯水量は312立方メートルで、最大水深は25メートル、平均水深は9.3メートルである。東西方向に長く伸びており、ほとんどの水岸が浅く水量の調整が容易となっている。ただし南東の水岸のみ急峻で深くなっている。地下水や雨水、雪解け水によって水が蓄えられており、フラミ川その他の小河川に水を供給している。

ツァルカ貯水池は1946年、エネルギー確保を目的に、狭く深い峡谷にコンクリートダムとして建造された。季節により水位は変動し、2月から3月が最も低くなる。水の蓄積は4月頃から開始し、7月まで続く。その後は水が消費されていく。発電所がフル稼働する11月以降は、水位は激減する。水位の年間平均変動幅は891センチメートルである。ツァルカ貯水池には、クツィア川フラミ川が通過する。

ツァルカ貯水池の水温は2月が最も冷たく摂氏0.2度、8月が最も暖かく摂氏18.7度となる。12月から3月下旬までは氷帽や棚氷に覆われる。氷結期間は年間平均82日であり、氷の厚さは2月に最大の80センチメートルにまで達する。ツァルカ貯水池には、フラミIフラミIIの、2カ所の水力発電所がある。水岸沿いにツァルカグルジア語版の町が建っており、魚の工芸品が特産となっている。近隣の村とは道路が直通している。数キロメートルの範囲には、ハディキ湖サンディ湖が位置している[1]

参考文献[編集]

  • აფხაზავა ი., カルトリ・ソビエト百科事典, 第11巻, 289頁, トビリシ, 1987年.
  • საქართველოს გეოგრაფია, წიგნი I, გვ. 52, თბ., 2005.

注釈[編集]

[ヘルプ]