ツァコン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツァコン語
τσακώνικα
話される国 ギリシャの旗 ギリシャ
地域 ペロポネソス半島東部、パルノン山英語版周辺
話者数 200人(2007年)
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 tsd
Glottolog tsak1248[1]
Linguasphere 56-AAA-b
テンプレートを表示
1890年に作成された民族地図。ツァコン語話者の領域は青で示されている。

ツァコン語(ツァコンご)は、ギリシャペロポネソス半島東部のツァコニア地方 (Tsakoniaで話されているギリシア語系の地方言語。古代ギリシア語の方言であるドーリア方言英語版ドーリス方言群)の流れを汲む。この言語をはじめとする独自の文化を保持してきた集団は、ツァコニア人 (Tsakoniansと呼ばれる。

言語名別称[編集]

  • ツァコニア語
  • ツァコニア方言
  • Tsakonia
  • Tsakonian

方言[編集]

  • 北ツァコン方言 Northern Tsakonian (Kastanista-Sitena)
  • プロポンティス・ツァコン方言 Propontis Tsakonian (Vatka-Havoutsi)
  • 南ツァコン方言 Southern Tsakonian (Leonidio-Prastos)
「私たちの言葉はツァコン語です」とツァコン語と標準ギリシャ語で書かれた看板

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “ツァコン語”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/tsak1248. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]