チンタオサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チンタオサウルス
Tsintaosaurus
チンタオサウルス
チンタオサウルス想像図
地質時代
白亜紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : ハドロサウルス上科
Hadrosauroidea
: ハドロサウルス科
Hadrosauridae
亜科 : ランベオサウルス亜科
Hadrosaurinae
: チンタオサウルス属
Tsintaosaurus
学名
Tsintaosaurus
Young1958
  • T.spinorhinus
    T.スピノリヌス(模式種

チンタオサウルス (Tsintaosaurus ) は中生代白亜紀後期カンパニアン(カンパン階)からマーストリヒシアン(マーストリヒト階)に生息した、大型の鳥脚類恐竜

発見と名称の由来[編集]

中国山東省青島で発見された頭にユニークな骨突起を備えた恐竜化石は、1958年楊鐘健により発見される。属名は発見場所に由来する。一方、種小名は最大の特徴である頭部の突起に因み、「トゲの鼻」という意味である。

特徴[編集]

体長約10メートル。パラサウロロフスコリトサウルスなどの他のランベオサウルス亜科のように、頭頂部に特有の骨突起を持っていた。ただし、ひたいにまっすぐに伸びており、これはチンタオサウルス独自の特徴である。このトサカは死後に化石化する途中で折れ曲がっただけで、生体では突出していなかったという意見もあったが、後に別個体の化石にもトサカが認められ、元来のものであると証明された。骨突起は他のランベオサウルス亜科の例に漏れ、内部が空洞ではなく、鼻腔に通じていない。よって、この突起の用途は判明していない。少なくとも、華奢である為武器ではない事は窺い知れる。性差、あるいは年齢の違いを見分けるものだという説がある。

生態や形態については、近縁のランベオサウルスパラサウロロフスの項を参照のこと。

関連項目[編集]