チラン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チラン島
Tiran Island
外交紛争のある島
他名: Yotvat (Hebrew)
Tiran R01.jpg
チラン島
地理
Strait tiran 83.jpg
場所 紅海
座標 北緯27度57分 東経34度33分 / 北緯27.950度 東経34.550度 / 27.950; 34.550座標: 北緯27度57分 東経34度33分 / 北緯27.950度 東経34.550度 / 27.950; 34.550
島数 1
面積 80km2 (31 sq mi)
実効支配
 エジプト
領有権主張
 サウジアラビア
エジプトの旗 エジプト
人口統計
人口 0人
チラン島

チラン島(チランとう、アラビア語エジプト方言: جزيرة تيران‎)はチラン海峡中央部にあるサウジアラビア領の。面積は80平方キロメートル。エジプトに貸与されており、ラス・ムハマンド国立公園の一部となっている。

チラン海峡を管制できる要衝の位置にあり、アカバ湾の奥にはイスラエルエイラトがあることにより、特にアラブ側にとり重要性が高い。イスラエルの建国とその後の軍備増強を受けて、サウジアラビアがエジプトに軍派遣を要請し、1950年代以降はエジプト軍が管理している[1]。現在、島はエジプトとアメリカ合衆国の軍事要員が駐留しているのみであり、民間人は居住していない。

島を経由し、シナイ半島とサウジアラビアを結ぶ架橋計画が検討されている[2]。2016年4月、エジプトがサウジとの首脳会談でチラン島とその近くにあるサナフィル島の領有権がサウジにあると表明したことに対して、エジプト国内では抗議デモが発生した[3]

この合意に対して、エジプトの最高行政裁判所が2017年1月に「無効」判断を示したが、エジプト議会が2017年6月14日に合意を承認。これに対して再び抗議デモが発生した[4]

脚注[編集]

  1. ^ “管理の2島 サウジ帰属に「領土売り渡した」エジプトで抗議デモ”. 『毎日新聞』朝刊. (2017年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20170618/ddm/007/030/069000c 
  2. ^ “サウジ、エジプト支援を強化 洋上橋建設で両首脳合意”. 『日本経済新聞』朝刊. (2016年4月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H5Q_S6A410C1FF1000/ 
  3. ^ “エジプトで反政府デモ 領有権巡る発表に抗議”. 『日本経済新聞』朝刊. (2016年4月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM25H8K_V20C16A4FF8000/ 
  4. ^ “管理の2島 サウジ帰属に「領土売り渡した」エジプトで抗議デモ”. 『毎日新聞』朝刊. (2017年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20170618/ddm/007/030/069000c