チョ・ジヌン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョ・ジヌン
조 진웅
조 진웅
本名 조 원준
生年月日 (1976-03-03) 1976年3月3日(45歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国釜山広域市
身長 185 cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2004年 - 現在
配偶者 有(2013年 - )[1]
事務所 SARAMエンターテインメント朝鮮語版
公式サイト SARAM Entertainment Official Website
主な作品
映画
最後まで行く
バトル・オーシャン 海上決戦
暗殺
お嬢さん
『犯人は生首に訊け』
毒戦 BELIEVER
工作 黒金星と呼ばれた男
完璧な他人
『ブラックマネー』
『消えた時間』
テレビドラマ
『太陽がいっぱい』
シグナル
 
受賞
青龍映画賞 助演男優賞
2014年最後まで行く
百想芸術大賞 最優秀演技賞
2015年『最後まで行く』
アジア・アーティスト・アワード 大賞 (ドラマ部門)
2016年シグナル
tvN10アワード 大賞 (演技部門)
2016年『シグナル』
テンプレートを表示
チョ・ジヌン
各種表記
ハングル 조 진웅
漢字 趙 震雄
発音: チョ・ジヌン
英語表記: Cho Jin-Woong
テンプレートを表示

チョ・ジヌン: 조 진웅1976年3月3日 - )は、韓国俳優釜山広域市出身。身長185cm。SARAMエンターテインメント所属。

略歴[編集]

慶星大学校演劇映画学科卒業[2]2004年、映画『マルチュク青春通り』に出演し、俳優デビュー[2]。その後も、『高地戦』、『悪いやつら』、『ファイ 悪魔に育てられた少年』、『群盗』、韓国映画観客動員数歴代1位の『バトル・オーシャン 海上決戦』など、名バイプレーヤーとして数々の映像作品に出演[3]

2014年に公開された映画『最後まで行く』にパク・チャンミン役で出演し、第51回百想芸術大賞映画部門最優秀演技賞[4]、第35回青龍映画賞助演男優賞を獲得した[5]

2016年放送のtvNドラマ『シグナル』での演技で、第1回アジア・アーティスト・アワードドラマ部門およびtvN10アワード演技部門で大賞を受賞[6][7]

2018年には、映画『暗殺』(2015年公開)ならびに第69回カンヌ国際映画祭ノミネート作品『お嬢さん』(2016年公開)への出演が評価され、アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)の会員に選出された[8]。また、同年に公開された主演映画『毒戦 BELIEVER』が、上半期で国内唯一の観客動員数500万人を突破した[8]

「チョ・ジヌン」という芸名は実父の氏名から[9]

出演[編集]

映画[編集]

  • マルチュク青春通り(2004年) - 野生馬の連中 役[1]
  • マイ・ブラザー(2004年) - トシク 役
  • Hello Stranger(2006年) - ヨンギル 役
  • 美しき野獣(2006年) - 九龍組組織員 役
  • 卑劣な街(2006年) - ヨンピル 役
  • 強敵(2006年) - 新米刑事 役
  • 暴力サークル(2006年) - チョ・ヒョンギュ 役
  • 最後の贈り物(2008年) - ペク・インチョル 役
  • 最高のパートナー(2008年) - チャン・ヨンチョル 役
  • GP506(2008年) - 炊事兵 役
  • スペア(2008年) - 密売業者 役 ※声優
  • 霜花店 運命、その愛(2008年) - テ・アンゴン 役 ※友情出演
  • 甘いウソ(2008年) - チョン・ハンサン 役
  • 釜山(2009年) - ハン・サング 役
  • 国家代表!?(2009年) - 放送解説者 役 ※友情出演
  • 飛べ、ペンギン(2009年) - エピソード2 ハン・チャンス 役
  • 살생유희(2010年) - 毒蛇 役
  • 裸足の夢(2010年) - チェ・イムス 役 ※友情出演
  • ベストセラー(2010年) - チャンシク 役
  • グローブ(2011年) - チャルス 役
  • 高地戦(2011年) - ユ・ジェホ 役
  • パーフェクト・ゲーム(2011年) - キム・ヨンチョル 役
  • 悪いやつら(2012年) - キム・パンホ 役
  • ミリオネア・オン・ザ・ラン(2012年) - キム・スンデ 役 ※友情出演
  • 容疑者X 天才数学者のアリバイ(2012年) - チョ・ミンボム 役[10]
  • 結界の男(2013年) - ファン・マンサム検事 役 ※特別出演
  • 悪魔の倫理学(2013年) - パク・ミョンロク 役[11]
  • パパロッティ(2013年) - イ・チャンス 役[12]
  • ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年) - ユン・キテ 役[13]
  • 最後まで行く(2014年) - 主演:パク・チャンミン 役[14]
  • 群盗(2014年) - イ・テギ 役[15]
  • バトル・オーシャン 海上決戦(2014年) - 脇坂安治[16]
  • 私たちは兄弟です(2014年) - 主演:パク・サンヨン 役[17]
  • いつか家族に(2015年) - アンさん 役[18]
  • チャンス商会〜初恋を探して〜(2015年) - キム・チャンス 役[19]
  • 暗殺(2015年) - チュ・サンウク(速射砲) 役[20]
  • ファウルボール(2015年) - ナレーション[21]
  • お嬢さん(2016年) - 上月教明 役[22][23]
  • 狩猟(2016年) - パク・ドングン/パク・ミョングン 役[24]
  • プロミス〜氷上の女神たち〜(2016年) - 韓国解説者 役 ※友情出演
  • 犯人は生首に訊け(2017年) - 主演:ピョン・スンホン 役[25]
  • 保安官(2017年) - 主演:ク・チュンジン 役[26]
  • 馬車に乗ってワイワイ(2017年) - ソ記者 役 ※特別出演
  • 犯罪都市(2017年) - 広域捜査隊チーム長 役 ※友情出演
  • 隊長キム・チャンス(2017年) - 主演:キム・チャンス 役[27]
  • 毒戦 BELIEVER(2018年) - 主演:チョ・ウォノ 役[28]
  • 工作 黒金星と呼ばれた男(2018年) - チェ・ハクソン 役[29]
  • 完璧な他人(2018年) - ソクホ 役[30]
  • 王と道化師たち(2019年) - 主演:ドクホ 役[31]
  • パーフェクトマン(2019年) - ヨンギ 役[32]
  • ブラックマネー(2019年) - 主演:ヤン・ミンヒョク 役[33]
  • 消えた時間朝鮮語版(2020年) - 主演:ヒョング 役[34]
  • 社外秘: 権力の誕生朝鮮語版(2020年) - 主演:チョン・ヘウン 役
  • 警官の血(2020年)[35]

テレビドラマ[編集]

  • ロマンスハンター(2007年、tvN) - パク・チョルギ 役
  • 過去を問わないで下さい(2008年、OCN) - ペ・ユング 役
  • 宝くじ3人組(2008年、KBS) - パク社長 役
  • ソル薬局の息子たち(2009年、KBS 2TV) - イ・ウォニョン 役
  • 熱血商売人(2009年、KBS 2TV) - イ・スンギル 役
  • 推奴(2010年、KBS 2TV) - クァク・ハンソム 役
  • 神と呼ばれた男(2010年、MBC) - チャン・ホ 役
  • 欲望の炎(2010年-2011年、MBC) - カン・ジュング 役
  • 愛を信じます(2011年、KBS 2TV) - キム・チョルス 役
  • 根の深い木(2011年、SBS) - ムヒュル 役
  • 太陽がいっぱい(2013年、KBS 2TV) - パク・ガンゼ 役[36]
  • シグナル(2016年、tvN) - イ・ジェハン 役[37]
  • アントラージュ(2016年、tvN) - キム・ウンガプ 役[38]

舞台[編集]

演劇[編集]

  • 鉢里公主(2001年)
  • 鸚鵡歌(2002年) - 虎 役
  • マクベス(2003年) - 主演:マクベス 役
  • ベロニカは死ぬことにした(2003年) - イゴール博士 役

ミュージカル[編集]

  • 밟아 밟아(2004年)

広報[編集]

  • DMZ国際ドキュメンタリー映画祭 - 広報大使(2017年)[21]

受賞歴[編集]

  • 第18回春史大賞映画祭 - 新人男優賞(2010年、『ベストセラー』)
  • 第21回釜日芸術賞 - 助演男優賞(2012年、『悪いやつら』)
  • 第18回富川国際ファンタスティック映画祭 - It Star Award(2014年、『最後まで行く』)[39]
  • 第35回青龍映画賞 - 助演男優賞(2014年、『最後まで行く』)[5]
  • 第2回スターの夜 大韓民国トップスター賞 - 大韓民国トップ助演賞(2014年、『最後まで行く』)
  • マックスムービー最高の映画賞 - 最高の助演男優賞(2015年、『最後まで行く』)
  • 第51回百想芸術大賞 - 映画部門 最優秀演技賞(2015年、『最後まで行く』)[4]
  • 第21回春史大賞映画祭 - 助演男優賞(2016年、『暗殺』)[40]
  • 第5回APAN STAR AWARDS(2016年、『シグナル』) - 中編ドラマ部門 最優秀演技賞[41]
  • tvN10アワード - 演技部門 大賞(2016年、『シグナル』)[7]
  • 第1回アジア・アーティスト・アワード - ドラマ部門 大賞(2016年、『シグナル』)[6]
  • 第7回韓国大衆文化芸術賞 - 国務総理表彰(2016年)[42]
  • 第5回スターの夜 大韓民国トップスター賞 - トップスター賞(2016年)
  • 第3回東亜ドットコム’s PICK - 金の手賞(2018年)
  • 第18回フィレンツェ韓国映画祭 - フェスティバル・シネマ賞(2020年)
  • 第24回ファンタジア国際映画祭 - シュヴァルノワール部門 特別言及賞(2020年、『消えた時間』)
  • 第21回釜山映画評論家協会賞 - 男性演技者賞(2020年、『消えた時間』)
  • 第7回韓国映画制作者協会賞 - 主演男優賞(2020年、『ブラックマネー』)
  • 第40回黄金撮影賞 - 主演男優賞(2021年、『ブラックマネー』)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “俳優チョ・ジヌンが結婚!11月9日に一般人の女性と挙式”. Kstyle (LINE). (2013年8月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1975923 2013年8月7日閲覧。 
  2. ^ a b “チョ・ジヌン プロフィール”. 韓CHOA!! (ハンクルズ). https://korea.yapy.jp/actor/1320/ 2019年8月29日閲覧。 
  3. ^ “ハ・ジョンウ主演「いつか家族に」、公開決定&予告編解禁!”. WoW!Korea (LINE). (2018年9月19日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0919/10220695.html 2019年8月31日閲覧。 
  4. ^ a b “【PHOTO】JYJ ユチョン、イ・ミンホ、チソン…「第51回百想芸術大賞」レッドカーペットイベントに登場”. Kstyle (LINE). (2015年5月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2021200 2019年8月29日閲覧。 
  5. ^ a b ““主演男優賞”ソン・ガンホからZE:A シワンまで「第35回青龍映画賞」コメント総まとめ”. Kstyle (LINE). (2014年12月18日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2010336 2014年12月18日閲覧。 
  6. ^ a b “韓国初の祭典「AAA」ついに開催!豪華すぎるラインナップで大賞を手にしたのは…(総合)”. Kstyle (LINE). (2016年11月17日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057033 2019年8月29日閲覧。 
  7. ^ a b “「tvN10 アワード」最高のスターたちが集結…イ・ソジン&チョ・ジヌンが大賞を受賞(総合)”. Kstyle (LINE). (2016年10月10日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2054337 2019年8月29日閲覧。 
  8. ^ a b “チョ・ジヌン、米映画芸術科学アカデミーの会員に選ばれる「韓国映画のために努力する」”. Kstyle (LINE). (2018年6月29日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2096026 2018年8月30日閲覧。 
  9. ^ “「シグナル」で全盛期迎えた俳優チョ・ジヌンが芸名を使う理由とは?”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2016年3月13日). https://kt.wowkorea.jp/news-read/4646.html 2019年8月31日閲覧。 
  10. ^ “「容疑者X」チョ・ジヌンの探求生活…相手を輝かせさらに輝く俳優”. Kstyle (LINE). (2012年10月29日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1954323 2019年8月29日閲覧。 
  11. ^ “「怒りの倫理学」イ・ジェフンやクァク・ドウォンらの出演決定”. Kstyle (LINE). (2012年7月24日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1947796 2019年8月29日閲覧。 
  12. ^ “「パパロッティ」イ・ジェフン、入隊直前まで“メンタル崩壊”なく撮影できた理由とは?”. Kstyle (LINE). (2013年3月1日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1963665 
  13. ^ “【PHOTO】キム・ユンソク&ヨ・ジングなど「ファイ」制作発表会に出席“ご期待ください!””. Kstyle (LINE). (2013年9月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1977151 2013年9月3日閲覧。 
  14. ^ “チョ・ジヌン「『最後まで行く』ほど痛快な映画に出たことはなかった」”. Kstyle (LINE). (2014年6月9日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1996435 
  15. ^ “【PHOTO】カン・ドンウォン&ハ・ジョンウ&チョ・ジヌンなど「群盗」制作報告会に出席“期待してください!””. Kstyle (LINE). (2014年6月10日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1996746 2014年6月10日閲覧。 
  16. ^ “【PHOTO】チェ・ミンシク&リュ・スンリョン&ノ・ミヌなど、映画「バトル・オーシャン/海上決戦」制作報告会に出席”. Kstyle (LINE). (2014年6月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1997922 2019年8月29日閲覧。 
  17. ^ “「私たちは兄弟です」チョ・ジヌン&キム・ソンギュン、正反対の姿を収めたポスターを公開”. Kstyle (LINE). (2014年9月24日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2004336 2019年8月24日閲覧。 
  18. ^ “血の繋がらない息子のために父親が血を売り奔走 ハ・ジョンウ監督・主演『いつか家族に』12月公開”. Real Sound (blueprint). (2018年9月19日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-252115_1.html 2018年9月19日閲覧。 
  19. ^ “「チャンス商会」ポスター公開…“70歳の恋愛初心者たちの甘い初デート””. Kstyle (LINE). (2015年3月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2015433 2019年8月29日閲覧。 
  20. ^ “映画「暗殺」チョン・ジヒョン&チョ・ジヌン&チェ・ドクムン“暗殺団3人”のスチールカットを公開!”. Kstyle (LINE). (2015年6月29日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2023535 2015年6月29日閲覧。 
  21. ^ a b “俳優チョ・ジヌン&女優ジウ、「DMZ国際ドキュメンタリー映画祭」広報大使に任命”. WoW!Korea (LINE). (2017年8月8日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0808/10195352.html 2019年8月30日閲覧。 
  22. ^ “パク・チャヌク新作「お嬢さん」キム・ミニ&ハ・ジョンウ&チョ・ジヌン&キム・テリ出演決定”. Kstyle (LINE). (2014年12月9日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2009636 2014年12月9日閲覧。 
  23. ^ ““成人指定”で全世界、異例の大ヒット!パク・チャヌク監督の最新作「お嬢さん」官能的なスペシャル本編映像が解禁…3/3日本公開”. Kstyle (LINE). (2017年2月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2062662 2019年8月29日閲覧。 
  24. ^ “アン・ソンギ&チョ・ジヌン主演「狩り」29日の韓国公開を確定…緊迫感あふれるスチールを公開”. Kstyle (LINE). (2016年6月7日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2046333 2019年8月29日閲覧。 
  25. ^ “チョ・ジヌン、映画「解氷」に出演確定“役割については議論中””. Kstyle (LINE). (2015年5月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2020662 2015年5月19日閲覧。 
  26. ^ “イ・ソンミン&チョ・ジヌン&キム・ソンギュン主演「保安官」クランクアップを迎える”. Kstyle (LINE). (2016年10月20日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2055074 2019年8月29日閲覧。 
  27. ^ “チョ・ジヌン、映画「隊長キム・チャンス」に出演確定”. Kstyle (LINE). (2016年9月30日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2053699 2019年8月29日閲覧。 
  28. ^ “チョ・ジヌン&リュ・ジュンヨル&キム・ジュヒョク主演「毒戦 BELIEVER」撮影がスタート…新犯罪アクション映画の誕生を予告”. Kstyle (LINE). (2017年7月4日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2073445 2019年8月27日閲覧。 
  29. ^ “ファン・ジョンミン&イ・ソンミン&チョ・ジヌン&チュ・ジフン、映画「工作 黒金星と呼ばれた男」に出演確定…1月クランクイン”. Kstyle (LINE). (2017年1月5日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2060636 2019年8月29日閲覧。 
  30. ^ “ユ・ヘジン&チョ・ジヌン&イ・ソジン出演「完璧な他人」10月末に公開決定… ポスター公開”. Kstyle (LINE). (2018年9月11日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2100809 2019年8月29日閲覧。 
  31. ^ “【PHOTO】チョ・ジヌン&パク・ヒスンら、映画「道化師たち:風聞操作団」舞台挨拶に出席”. Kstyle (LINE). (2019年8月24日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2124441 2019年8月24日閲覧。 
  32. ^ “ソル・ギョング&チョ・ジヌンら出演「パーフェクトマン」台本読み合わせと成功祈願の告祀現場を公開”. Kstyle (LINE). (2018年10月31日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2104028 2019年8月29日閲覧。 
  33. ^ “「ブラックマネー」チョ・ジヌン、巨大な金融不正の実体と向き合う…プロ追跡者の姿を予告”. Kstyle (LINE). (2019年10月17日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2128255 2019年11月7日閲覧。 
  34. ^ “俳優チョン・ジニョンの監督デビュー作「Close To You」チョ・ジヌンが主演に確定…クランクイン”. Kstyle (LINE). (2018年10月4日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2102250 2019年8月29日閲覧。 
  35. ^ “クォン・ユル、映画「警察の血」に合流へ…チョ・ジヌンやチェ・ウシクらと共演実現”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2020年1月23日). https://s.wowkorea.jp/news/read/249928/ 2020年1月23日閲覧。 
  36. ^ “ユン・ゲサン&チョ・ジヌン、ドラマ「太陽がいっぱい」に出演確定!”. Kstyle (LINE). (2013年12月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985387 2013年12月27日閲覧。 
  37. ^ “キム・ヘス&チョ・ジヌン&イ・ジェフン、新ドラマ「シグナル」に出演確定…超豪華キャスト!”. Kstyle (LINE). (2015年9月21日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2029270 2019年8月29日閲覧。 
  38. ^ “ソ・ガンジュン&イ・ドンフィ&チョ・ジヌン&イ・グァンス、ドラマ「アントラージュ」出演確定”. Kstyle (LINE). (2016年3月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2040056 2016年3月3日閲覧。 
  39. ^ “ヒョンビンからキム・ウビンまで、豪華ラインナップ!「富川映画祭」アワード受賞者を確定”. Kstyle (LINE). (2014年7月8日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1998771 2019年8月29日閲覧。 
  40. ^ “ユ・アイン&キム・ヘス「2016春史大賞映画祭」で主演男優&女優賞を受賞!(総合)”. Kstyle (LINE). (2016年4月6日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2042346 2019年8月29日閲覧。 
  41. ^ “ソン・ジュンギ「2016 APAN STAR AWARDS」で大賞を受賞…チョ・ジヌン&ハン・ヒョジュが最優秀演技賞を受賞(総合)”. Kstyle (LINE). (2016年10月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2053809 2019年8月29日閲覧。 
  42. ^ “ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョからBoAまで…「韓国大衆文化芸術賞」に売れっ子スターたちが勢揃い”. Kstyle (LINE). (2016年10月27日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2055654 2019年8月29日閲覧。 

外部リンク[編集]