チョロ松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チョロ松(チョロまつ)は、猿まわしを演じるニホンザルの名前。周防猿まわしの会に所属。当代は3代目。

初代[編集]

初代チョロ松1977年-2007年1月14日)。「反省ザル」として有名だった初代次郎の弟との噂があるが関係は全く無い。

猿まわしを復興させた「周防猿まわしの会」初代会長の村崎義正の息子(村崎太郎の弟)である村崎五郎とコンビを組んでいた。

1987年ソニーウォークマンテレビCMに出演し、音楽を聴きながら瞑想するサル」として話題になった。本当は瞑想しているのではなく、長時間のCM撮影に疲れて眠くなりかけていた状態だったと言われている。ちなみに、ロケーションに使われたのは神奈川県芦ノ湖である。このCMは同年の「全日本コマーシャル大賞」最優秀スポット賞を受賞。のち、2000年には「20世紀の殿堂入りCM」に選ばれている。

また、「写真集 チョロ松くん」(高島史於撮影、ダイナミックセラーズ刊行)も発売された。

1990年に猿まわしから引退。晩年は、熊本県南阿蘇村の阿蘇猿まわし劇場で過ごしていた。2007年1月14日老衰で死去。29歳8か月の生涯で、「人間なら100歳の大往生だった」(周防猿まわしの会)という。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]