チョリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョリム
Godeungeo-jorim.jpg
ゴドゥンオチョリム
発祥地 大韓民国
関連食文化 朝鮮料理
類似料理 煮物
ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示
チョリム
各種表記
ハングル 조림
漢字 none
RR式 jorim
MR式 chorim
IPA [tɕo.ɾim]
テンプレートを表示

チョリム(朝鮮語: 조림、Jorim)は、野菜魚介豆腐等を味付けした出汁で煮込んだ朝鮮料理である。醤油ベースが多いが、特にマサバサンマタチウオ等を具材とした場合は、コチュジャンチリパウダーが加えられることもある[1]。朝鮮王朝の宮廷料理では、チョリニ(Jorini)と呼ばれる[2]

用語[編集]

Jorimは、「煮詰める」という意味の動詞joridaに由来する動詞的名詞である[3][4]。一般的な調理法であるにも関わらず、調理法の用語の発展が遅かったため、この用語が初めて現れたのは18世紀である[1]。その代わり、チョリムは、チムチゲとともにチョチ(jochi)と呼ばれた[2][5]。料理の種類として動詞的名詞のチョリムが初めて言及されたのは、19世紀の料理本『是議全書』に記載されたチャンチョリム(牛肉の醤油煮)である[1]

種類[編集]

  • ドゥブチョリム - 豆腐の煮込み[6]
  • カルチチョリム - タチウオの煮付け
  • カムジャチョリム - ジャガイモの煮込み[7]
  • ゴドゥンオチョリム - マサバと大根の煮付け[8]
  • チャンチョリム - 牛肉の醤油煮込み
  • ケンニプチョリム - エゴマの葉の煮込み
  • コンチチョリム - サンマの煮付け
  • ウォンチョリム - ゴボウの煮込み
  • ヨングンチョリム - レンコンの煮込み

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 이, 효지. “jorim” (朝鮮語). Encyclopedia of Korean Culture. Academy of Korean Studies. 2017年5月1日閲覧。
  2. ^ a b jorim” (朝鮮語). Doopedia. Doosan Corporation. 2017年5月1日閲覧。
  3. ^ jorim”. Korean-English Learners' Dictionary. National Institute of Korean Language. 2017年5月1日閲覧。
  4. ^ jorida”. Korean-English Learners' Dictionary. National Institute of Korean Language. 2017年5月1日閲覧。
  5. ^ jochi” (朝鮮語). Standard Korean Language Dictionary. National Institute of Korean Language. 2017年5月1日閲覧。
  6. ^ Ro, Hyo-sun (2017年4月19日). “A recipe for dubu jorim, a spicy Korean braised tofu”. The Straits Times. http://www.straitstimes.com/lifestyle/food/a-recipe-for-dubu-jorim-a-spicy-korean-braised-tofu 2017年5月1日閲覧。 
  7. ^ Anderson, Ian (2014年10月25日). “Side dishes with an order of anything”. San Diego Reader. http://www.sandiegoreader.com/news/2014/oct/25/feast-side-dishes-order-anything/ 2017年5月1日閲覧。 
  8. ^ Zappia, Corina (2016年10月26日). “Mackerel, You Sexy Bastard”. The Stranger. http://www.thestranger.com/food-and-drink/2016/10/26/24645304/mackerel-you-sexy-bastard 2017年5月1日閲覧。