チョクトー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョクトー語
Chahta'
話される国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
地域 オクラホマ州南東部、ミシシッピ州中東部、ルイジアナ州テネシー州
話者数 10,400 [1]
言語系統
マスコギ語族
  • 西部マスコギ語
    • チョクトー語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 cho
ISO 639-3 cho
Choctaw language spread in the United States.
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

チョクトー語(チョクトー語: Chahta')は、マスコギ語族に属する言語である。話者はインディアン部族のチョクトー族の人々であり、アメリカ合衆国の南東部に居住し、一部はインディアン準州(現在のオクラホマ州)に居住する。話者数は10,400人ほどで、減少しつつある。遠隔教育による言語保存が主流である。構文はSOV型で、主語には強制的に主格がつくが、目的語に明白な対格をつける必要はない。

文字[編集]

チョクトー語の文字はラテンアルファベットを基準としており、19世紀初頭アメリカの同化政策により文字が発展した。もっとも一般的なチョクトー文字はバイイントン文字、バイイントン・スワントン文字、そして現代チョクトー文字の三種に分かれる。

バイイントン文字

バイイントン文字

バイイントン・スワントン文字

チョクトー語の言語学的ア子音ルファベット

現代チョクトー文字

現代チョクトー文字

音韻[編集]

両唇音 唇歯 歯茎 硬口蓋 軟口蓋 声門
中線音 側面音
破裂 p b t k ʔ
m n
摩擦 f s ɬ sh [∫] h
破擦 č [ʧ]
接近 l y [j] w

無声破裂音は英語と同様に発音される。/t, n, l/は英語の子音と同様の歯茎音である。čは英語のcheeseのchと同様に発音される。

/k/と/h/の後に有声の子音が続いた場合は、語中に母音が添加される。

母音

短母音 長母音 鼻母音
非円唇前舌狭母音 i ii ĩ
非円唇後舌半狭母音 o oo õ
非円唇中舌広母音 a aa ã

チョクトー語は日本語と同様、音の高低差を用いるピッチ・アクセントである。

音節[編集]

チョクトー語の音節はそれぞれ子音と母音を必要とし、基本的に頭字音にも結び子音にも一つより多い子音を持たない。

軽音節

V    a.bih     殺す

CV   no.sih     眠る

重音節

VV   ii.chih     運転する

CVV   pii.ni'     ボート、列車

V    a.chi'     キルト

CV   ta.chi'     とうもろこし

VC   ish.ki'     母親

CVC  ha.bish.ko'   

超重音節

VVC  óok.cha-cha  彼女/彼が起き上がって…

CVVC  náaf.ka'    ドレス

VC   at       来て、それで

CVC  ok.hish    

文法[編集]

チョクトー語は一貫して主要部終端型で構成された文法を用い、ヘッドマーキングとディペンデントマーキングを混合して使う。

構文は基本的にはSOV型だが、抑揚のつけ方によってはOSV型、SVO型も可能である。

参考文献[編集]

  • Broadwell, George Aaron. (2006). A Choctaw reference grammar. Lincoln, NE: University of Nebraska Press.
  • Broadwell, George Aaron. (1991). "Speaker and self in Choctaw". International Journal of American Linguistics, 57, 411-425.
  • Byington, Cyrus. (1915). A dictionary of the Choctaw language. J. R. Swanton & H. S. Halbert (Eds.). Bureau of American Ethnology bulletin 46. Washington, D.C.: Government Printing Office. (Reprinted 1973 & 1978).
  • Downing, Todd. (1974). Chahta anompa: An introduction to the Choctaw language (3rd ed.). Durant, OK: Choctaw Bilingual Education Program, Southeastern Oklahoma State University.
  • Haag, Marcia, and Willis, Henry. (2001). Choctaw Language & Culture: Chahta Anumpa, University of Oklahoma Press.
  • Haag, Marcia, and Fowler, Loretta. (2001). Chahta Anumpa: A Choctaw Tutorial CD-ROM, University of Oklahoma Press.
  • Heath, Jeffrey. (1977). Choctaw cases. Proceedings of the Berkeley Linguistic Society, 3, 204-213.
  • Heath, Jeffrey. (1980). Choctaw suppletive verbs and derivational morphology.
  • Howard, Gregg; Eby, Richard; Jones, Charles G. (1991). Introduction to Choctaw: A primer for learning to speak, read and write the Choctaw language. Fayetteville, AR: VIP Pub.
  • Jacob, Betty. (1980). Choctaw and Chickasaw. Abstract of paper delivered at the 1978 Muskogean conference. International Journal of American Linguistics, 46, 43.
  • Jacob, Betty; Nicklas, Thurston Dale; & Spencer, Betty Lou. (1977). Introduction to Choctaw. Durant, OK: Choctaw Bilingual Education Program, Southeastern Oklahoma State University.
  • Mithun, Marianne. (1999). The languages of Native North America. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-23228-7 (hbk); ISBN 0-521-29875-X.
  • Munro, Pamela. (1987). Some morphological differences between Chickasaw and Choctaw. In P. Munro (Ed.), Muskogean linguistics (pp. 119-133). Los Angeles: University of California at Los Angeles, Department of Linguistics.
  • Munro, Pamela (Ed.). (1987). Muskogean linguistics. UCLA occasional papers in linguistics (No. 6). Los Angeles: University of California at Los Angeles, Department of Linguistics.
  • Nicklas, Thurston Dale. (1974). The elements of Choctaw. (Doctoral dissertation, University of Michigan, Ann Arbor).
  • Nicklas, Thurston Dale. (1975). Choctaw morphophonemics. In J. Crawford (Ed.), Studies in southeastern Indian languages (pp. 237-249). Athens: University of Georgia.
  • Nicklas, Thurston Dale. (1979). Reference grammar of the Choctaw language. Durant, OK: Choctaw Bilingual Education Program, Southeastern Oklahoma State University.
  • Pulte, William. (1975). The position of Chickasaw in Western Muskogean. In J. Crawford (Ed.), Studies in southeastern Indian languages (pp. 251-263). Athens: University of Georgia.
  • Ulrich, Charles H. (1986). Choctaw morphophonology. (Doctoral dissertation, University of California, Los Angeles).
  • Ulrich, Charles H. (1987). Choctaw g-grades and y-grades. In P. Munro (Ed.), Muskogean linguistics (pp. 171-178). Los Angeles: University of California at Los Angeles, Department of Linguistics.
  • Ulrich, Charles H. (1987). Choctaw verb grades and the nature of syllabification. In A. Bosch, B. Need, & E. Schiller (Eds.), Papers from the 23rd annual regional meeting. Chicago: Chicago Linguistic Society.
  • Ulrich, Charles H. (1988). The morphophonology of Choctaw verb roots and valence suffixes. In W. Shipley (Ed.), In honor of Mary Haas: From the Haas Festival conference on Native American linguistics (pp. 805-818). Berlin: Mouton de Gruyter. ISBN

脚注[編集]

  1. ^ Choctaw|Ethnologue

外部リンク[編集]