チョウセンメクラチビゴミムシ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョウセンメクラチビゴミムシ属 Coreoblemus
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : オサムシ亜目(食肉亜目) Adephaga
上科 : オサムシ上科 Caraboidea
: オサムシ科 Carabidae
亜科 : チビゴミムシ亜科 Trechinae
: チビゴミムシ族 Trechini
: チョウセンメクラチビゴミムシ属 Coreoblemus
S. Ueno, 1969
  • ツシマメクラチビゴミムシ C. venustus S. Ueno, 1969 

チョウセンメクラチビゴミムシ属(チョウセンメクラチビゴミムシぞく、Coreoblemus)とは1969年に対馬で発見されたチビゴミムシ亜科の一つである。現在、チョウセンメクラチビゴミムシ属はツシマメクラチビゴミムシC. venustus)1種だけである。

1969年に国立科学博物館動物研究部の上野俊一によって対馬でチビゴミムシ亜科の甲虫類5が発見された。その中の1種は日本固有種には見られない特徴をいくつも持ち、朝鮮半島の洞窟性チビゴミムシに似た特徴をもつところから、西日本の種と同じに含めるのに無理があると判断され、チョウセンメクラチビゴミムシ属[1]という新しい属が作られ、これに属するツシマメクラチビゴミムシが命名された。

起源は古いと思われ、新生代第三紀中新世以前から対馬にいたのではないかと推測されている。

特徴[編集]

  • 複眼がなく、後翅も体の色素もない。
  • 体表を覆う細毛がない。
  • 前頭部と頬部とにそれぞれ1対ずつの剛毛がある。
  • 前胸背両側の背面剛毛列が弧状に並んだ多数の剛毛から成り、上翅側縁部の第5丘孔点が前方へ移動して第6丘孔点から遠く離れている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 対馬の生物相は一般に、日本本土には生息しないが中国大陸や朝鮮半島ではよく見られるというものが多いため、それらの学名は「チョウセン***」と命名されることが学術上の通例となっており、チョウセンヒラタクワガタなどと同様に慣例に従った命名にすぎない(対馬#主な大陸系種を参照)。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]