チョウセンゴヨウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョウセンゴヨウ
Pinus koraiensis 02.jpg
チョウセンゴヨウ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
亜門 : マツ亜門 Pinophytina
: マツ綱 Pinopsida
亜綱 : マツ亜綱 Pinidae
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: マツPinus
: チョウセンゴヨウ P. koraiensis
学名
Pinus koraiensis
Sieb & Zucc.
和名
チョウセンゴヨウ、チョウセンマツ[2]
英名
Korean Pine

チョウセンゴヨウPinus koraiensis)は、マツ科マツ属の樹木である。

名前と分類[編集]

マツ科マツ属、いわゆるマツ(松, 英語:pine)の一種である。学名 Pinus koraiensis種小名 koraiensisは「高麗の」という意味。和名チョウセンゴヨウ (朝鮮五葉)が一般的。他にチョウセンマツ(朝鮮松)など。中国名は紅松という。

形態[編集]

樹皮は灰褐色で幼齢時は平滑、老齢木では細かくうろこ状に裂ける。

名前の通り五葉松の一種であり、は5枚ずつ束生する。

球果(松かさ)は8〜16 cmと大形で、種子には翼がない。

分布[編集]

北東アジア地域原産。朝鮮半島中国東北部ロシア極東部と日本に天然分布する。日本では本州中部の福島県南部から岐阜県にかけて分布する。四国の東赤石岳にもわずかな群落が隔離分布している[3]

花粉化石の分析などから、最終氷期には現在よりはるかに広い範囲で繁栄していたことが知られている[要出典]

生活環[編集]

生態[編集]

本種はマツノザイセンチュウ Bursaphelenchus xylophilus に感受性が高く、寄生されるとマツ材線虫病を発症して枯死に至ることが多い。

人間との関係[編集]

材は建築パルプなどに用いる。庭園木、盆栽にする。種子は食用。

材は紅松 (ホンソン)と呼ばれる。気乾比重は在来の二葉松類よりやや軽い0.45 -0.50[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] 合衆国農務省データベース
  • [2] 合衆国農務省遺伝資源データベース