チューブパニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チューブパニック
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード
開発元 日本物産
フジテック
発売元 日本物産
ディレクター H.KITABATA
デザイナー 高木一郎
プログラマー K.YAMADA
音楽 高木一郎、山田良一
美術 藤原茂樹
人数 1人
メディア 業務用基板
稼働時期 1984年1月
テンプレートを表示

チューブパニック』(TUBE PANIC)とは、1984年日本物産(ニチブツ)から発売されたアーケードゲームフジテックとの共同開発[1]

キャッチコピーは「画面の全てがコンピュータ・グラフィックス圧倒的な美しさとパワーで迫るレーザーディスクを超えたニュー3Dゲーム」。

概要[編集]

敵や障害物などを破壊したり避けながら突き進む擬似3Dシューティングゲームである。企画・作曲は高木一郎[2]。業界で初めてゲーム基板に回転機能を持たせ、ナムコセガなどから技術面で注目された[2]

ストーリー[編集]

果てしなく続くミステリーゾーンに突入!!不気味に潜む敵艦隊、コマンドシップで急襲せよ!!チューブ網を突破し、母艦を目指せ。

操作方法[編集]

1レバー+1ボタン(ショット)。レバー左右で平行移動、レバー上下でスピードの加減を行う。ショットボタンで敵を攻撃。

スタッフ[編集]

  • DIRECTED : H.KITABATA
  • PLANNED : 高木一郎
  • HARDWARE : S.MIYOSHI
  • PROGRAMMED : K.YAMADA
  • SOUND : 高木一郎、山田良一
  • ART WORK : 藤原茂樹

脚注[編集]

  1. ^ シューティングゲームサイドvol.11 - マイクロマガジン社 2015年2月7日発行
  2. ^ a b シューティングゲームサイドvol.10 収録インタビュー - マイクロマガジン社 2014年9月26日発行