チュルカ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Destructor Almirante Valdes (AV).jpg
基本情報
種別 駆逐艦
運用者  スペイン海軍
 アルゼンチン海軍
就役期間 1927年 - 1970年
建造数 16隻
前級 アルゼード級
次級 スペインの旗リニエルス級
アルゼンチンの旗メンドーサ級スペイン語版英語版
要目
基準排水量 1,530 t
常備排水量 1,800 t
満載排水量 2,070 t
全長 101.98 m
全幅 9.67 m
吃水 3.0 m
ボイラー ヤーロー式重油専焼水管ボイラー×4缶
主機関 パーソンズ式ギヤード・タービン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 42,000 hp
最大速力 36 ノット (67 km/h)
燃料 重油:240 t
航続距離 ・10ノット/5,000海里
・14ノット/4,500海里
乗員 160名
兵装 ・45口径120mm単装砲×5基
・76.2mm単装対空砲×1基
・12.7mm機関銃×4挺
・533mm3連装魚雷発射管×2基
・爆雷投下軌条×2基
テンプレートを表示

チュルカ級駆逐艦 (スペイン語: Clase Churruca) はスペイン海軍駆逐艦イギリス海軍スコット級(アドミラルティ型)英語版嚮導駆逐艦の改良型である。建造中にスペイン内戦が勃発し、停泊している港や建造している造船所が共和国軍と人民戦線軍の双方に占領されたため、同クラス艦が敵味方に分かれて戦った稀有な戦役を持つ。

概要[編集]

本級は全艦がカルタヘナ海軍工廠で建造された。16隻が建造され、2隻はアルゼンチンに売却された。本級の建造は1915年2月17日に海軍大臣アウグスト・ミランダ・イ・ゴドイスペイン語版によって認可された。計画では軽巡洋艦4隻、駆逐艦6隻、潜水艦28隻、砲艦3隻、沿岸警備艇18隻が建造される予定で、実際には軽巡洋艦5隻、3隻のアルゼード級駆逐艦、14隻のチュルカ級駆逐艦、16隻の潜水艦、3隻の砲艦が建造された。

後期建造艦の数隻はスペイン内戦中の武器禁輸により中央部の砲を搭載しないまま竣工した。

初期の3隻(チュルカ、アルカラ・ガリアノ、サンチェス・バルカイステゥギィ)は1925年5月から1926年6月にかけて進水した。プラス・ウルトラがアルゼンチンへの飛行を行った際に、メンデス・ヌエスとアルゼイドが同行したが、これらの艦艇は1926年2月7日にブエノスアイレスに到着した。アルゼンチン海軍はアルゼイドの購入に興味を示し、スペイン政府は1927年5月25日に艦艇の売却を決定した。アルゼンチンは結局チュルカとアルカラ・ガリアノを購入し、両艦はセルバンテス (Cervantes) 、フアン・デ・ガライ (Juan de Garay) と改名された。

チュルカは1928年、アルカラ・ガリアノは1933年に進水した。他の4隻を加えて、もう7隻が1935年から37年にかけて進水した。

スペイン内戦[編集]

スペイン内戦初期に本級は政府側で運用され、ジブラルタル海峡封鎖に参加した。何隻かは戦闘に参加し、アルミランテ・フェランデスとグラヴィナはエスパーテル岬沖海戦に参加、アルミランテ・フェランデスは重巡洋艦カナリアスによって撃沈された。レパント、アルミランテ・ヴァルデス、アルミランテ・アンティキオラ、グラヴィナ、ホルヘ・ユアン、エスカノはパロス岬沖海戦に参加し、レパントは反乱軍側の重巡洋艦バレアレスを魚雷により撃沈した。シスカルはヒホン湾において航空攻撃によって沈められたが、反乱軍によって再浮揚され、内戦終盤に使用された。

本級はイギリス海軍の駆逐艦に艦容が酷似していたため、ジブラルタル海峡の封鎖突破への使用が試みられた。ホセ・ルイス・ディエスはイギリス海軍のグレンヴィル (HMS Grenville, H03) のペナント・ナンバーが船体に描かれて行動したが、カナリアスや他の艦によって迎撃され、ジブラルタルで自ら座礁した。

スペイン内戦が終了すると、本級はフランコ政権によって運用された。

同型艦[編集]

艦名 就役 退役 その後 備考
チュルカ (Churruca) 1927年 1927年 売却 アルゼンチンに売却、セルバンテス (ARA Cervantes) に改名
アルカラ・ガリアノ (Alcalá Galiano) 1927年 1927年 売却 アルゼンチンに売却、フアン・デ・ガライ (ARA Juan de Garay) に改名
サンチェス・バルカイステゥギィ (Sanchez Barcaiztegui) 1928年 1964年 老朽化 スクラップ
ホセ・ルイス・ディエス (Jose Luis Diez) 1929年 1965年 老朽化 スクラップ
アルミランテ・フェランデス (Almirante Ferrandiz) 1929年 1936年 沈没 カナリアスの攻撃による
レパント (Lepanto) 1930年 1957年 老朽化 スクラップ
チュルカ (Churruca) 1931年 1957年 老朽化 スクラップ
アルカラ・ガリアノ (Alcalá Galiano) 1931年 1963年 老朽化 スクラップ
アルミランテ・ヴァルデス (Almirante Valdes) 1933年 1957年 老朽化 スクラップ
アルミランテ・アンティキオラ (Almirante Antequera) 1935年 1965年 老朽化 スクラップ
アルミランテ・ミランダ (Almirante Miranda) 1936年 1970年 老朽化 スクラップ
シスカル (Ciscar) 1936年 1957年 座礁
エスカノ (Escano) 1936年 1963年 老朽化 スクラップ
グラヴィナ (Gravina) 1936年 1963年 老朽化 スクラップ
ホルヘ・ユアン (Jorge Juan) 1937年 1959年 老朽化 スクラップ
ウリョア (Ulloa) 1937年 1963年 老朽化 スクラップ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]