チュリム語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チュリム語
Ось тили, тадар тили
発音 IPA: [øs tilɪ ~ ø:s tilɪ], [tadar tilɪ]
話される国 ロシア
地域 en:Tyukhtetsky District, en:Teguldetsky District, クラスノヤルスク地方, トムスク州
民族 チュリム人英語版
話者数 44(2010)[1]
言語系統
方言
Lower Chulym
Middle Chulym
表記体系 キリル文字
言語コード
ISO 639-3 clw
Glottolog chul1246[2]
 
テンプレートを表示

チュリム語(英語:Chulym language、チュリム語: Ось тили, Ös tili、ロシア語: Чулымский язык)とは、チュリム人英語版が話すチュルク語族の言語である。チュリム川流域の様々な場所で話されている。

分類[編集]

チュリム語は、ハカス語ショル語などと共に含むシベリア・チュルク語群に属するとされてきた[要出典]。Nogorodov et al. は レイプジヒ・ジャカルタ・リスト英語版に基づいて、チュリム語はキプチャク語群起源であると主張している。この比較では、100項目のうち87項目がキプチャク語群のアイテムと一致するのに対し、オグズ語群と同根の項目は67項目のみであることが示されている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Chulym at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Chulym Turkic”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/chul1246 
  3. ^ Novgorodov, Innokentiy; Lemskaya, Valeriya; Gainutdinova, Albina; Ishkildina, Linara (2015). "The Chulym Turkic language is of the Kipchak Turkic language origin according to the Leipzig-Jakarta list". Türkbilig. 29: 1–18.